スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューカマー。

2013.04.21 12:20|SFbay 犬
いいもの買った。。

IMG_1282.jpg
切り株の中にビーバーが2匹。
穴の小ささもちょうど良い。
しかも、半額だったし(笑)

IMG_1284.jpg
(ヨシ!待ち中)

よく、コングなどにおやつを詰めていたのだけど、
もう慣れたもので、いろいろ工夫はしたけれど、
かなり早く食べきってしまいます。

先日の空き箱の時の盛り上がりようを見て、
やはりトキメキも必要かと!^^

IMG_1289.jpg
(おかーさん、なんでついてくるの、、)

IMG_1293.jpg
(フンフ〜ン♪)
すでにビーバーは取り出してある。

IMG_1296.jpg
お、いよいよ。。

IMG_1298.jpg
(取れた〜♪)

おやつ詰め込む系のおもちゃは、
食べ物が入っていない時は見向きもしなくなるのだけど、
これはカシャカシャ音がするせいか、
キャッチボールでもよく遊んでくれた。

お気に入り隠れスポット"機の後ろ"で、
小さなビーバーだけを優しくアムアムしていたり。。
フィンはぬいぐるみは壊さないので、飲み込む心配も無しです。

気に入ったようで何より。^^

・・・

ちょっと前から、フィンもゆるく手作り食です。
ドライフードだけの時もあるし、手作り食だけの時もあるし、
半々だけの時もあるし。。
食いしん坊なので、ドライフードを食べなくなることもないし、
気楽にやっています。

IMG_1084.jpg
チキンとジャガイモをメインに、
あとはその時にある野菜をあれこれ。
やっぱりとても夢中になって食べます。
野菜があると、よく噛んでいるせいか、
食事時間もフードだけより長くなります。

でも魚は一日目は良いのだけど、2〜3日続けちゃうと、
軟便になりやすいことが判明。(傷んでないですよ!^^;)
間をあけて、2、3回くらいやってみたけれど、やはり同じ反応でした。

IMG_1006_20130422050343.jpg
赤いのはビーツの葉っぱを入れたから。
甘味があるんです。

IMG_1044.jpg
酢漬けにする時、皮を湯剥きしたら、
キッチンがサスペンス劇場に。
和名、血蕪。
慣れませんねぇ、この赤さは。。

いつもどこかで。

2013.04.19 13:00|SFbay 犬
家政婦は見た。
IMG_1179_20130420053807.jpg

と、つい言いたくなってしまいます。
よく、壁の陰から片目だけでこちらを見ていたり。。

家事をガタゴトやっていると、視界にモフモフが。
IMG_1184_20130420053822.jpg

壁に犬有り 障子に犬有り。。
IMG_1185_20130420053838.jpg

・・・

犬クッキーの空き箱を捨てようと思って、
そうだ、ただ捨ててはもったいない。

IMG_1129.jpg
小窓があるので、見えるのに取れない!と、
大盛り上がり!
(箱の口のほうから出かかっているのにネ)

IMG_1130.jpg
おもしろいので、2個目投入。
わかりやすく、お目めキラキラ〜。^^

IMG_1131_20130420053725.jpg

IMG_1132_20130420053738.jpg
大興奮!(笑)
でもちょっと貸してみ、と途中、箱を取ってみたけど、
笑顔のまま。

ほんと、イイコになったもんだ〜。

ごはんを与える時も、
以前は、お皿に入れた途端に、
早くよこせ〜と唸ったこともあったのに、
今なんかマテと言わなくても、勝手に食べない。
お皿をポンと床に置くと、パッと目の前に行って、
ゴハンに口が付く寸前まで近づくのだけど、
ヨシが聞こえるのを待ってる。
ある時から突然そうし始めた。

もともとゴハンを目の前に置いてのマテのしつけは
なんか違う気がしていたので、
特に待たせていなかったのだけど、
いつもヨシ!といいながら与えていたんだよね。
マテで食べないんじゃなくて、
ヨシがないから食べない。。
そんな風に学習するんだなぁ。。

トワイライト

2013.04.05 13:41|SFbay 犬
これupしてなかったんだ。。
2月のだけど、いつものドッグビーチ、Fort Funstonへ行った時のもの。

夕方に出発して、渋滞にはまって、
高速降りるとこ間違えて、
サンフランシスコ内を迷子になって、
到着したら、陽がまさに沈もうとしている頃でした。

上にはまだたくさんの人がいたから安心してビーチへ向ったら、
ひとっこひとりいなくて、さすがにアメリカだし、不安になって、
いつもなら1時間半で回るコースを走って30分で回ったのでした。 

IMG_0239_20130406062943.jpg

IMG_0241.jpg

IMG_0236.jpg

でも、とっても美しかった。


ビーチから崖の上へ上がって行く、砂階段で、後ろから人が。
緊張したけれど、ジョガーのお姉さんでした。
さわやかな笑顔でさくさくと上がってしまいます。
上がりきったところで、何かがすごいよ!と叫んで教えてくれてました。

到着すると、目の前にまんまるお月さまが。

IMG_0245_20130406062945.jpg


そんな日もありました。

森歩き。

2013.04.04 22:41|SFbay 犬
この公園へ来るのは3度目。
昨年のちょうど今頃と、今年のお正月。

一度目は、犬メインで川沿い。
二度目は、人間だけだったので、メインの巨木ゾーンへ。
そして今回は、人の流れについて行って、線路沿いから山道へ。
なかなか奥が深い!

ワクワクちゃん。橋下を覗く。
IMG_0893_20130405144338.jpg

IMG_0898.jpg

IMG_0897.jpg
外れたところで、まずはガス抜き!
私とオットの間をダッシュ!

IMG_0895_20130405144339.jpg
忘れな草が少し咲いていました。
それで、昨年も同じ時期に来たことを思い出しました。
さすが「忘れな草」。。

IMG_0903.jpg

メインの巨木ゾーンには犬は入れないけれど、
レッドウッドの森は歩けます。
IMG_0907.jpg

そこをサラッと通り過ぎて、線路沿いへ。

IMG_0913.jpg
フィン君、そっちは逆です!

IMG_0922.jpg
線路から外れて山道を登るとまた線路が。
うねうね続いているようです。

IMG_0927.jpg

IMG_0926.jpg
ファルコン!(龍に見える!)

IMG_0928.jpg
双子!

IMG_0930.jpg

IMG_0931_20130405145020.jpg
枕木。。しみじみします。(よく敷いたよね!)

IMG_0932_20130405145022.jpg
釘、カッコイイです。

線路から、山の中の道っぽいところをトコトコ行くと、
拓けた所に出てきました。
IMG_0933_20130405145022.jpg

今回は、もうこれ以上山を登る気力なく、
降りることに。
すると、ビックリ。大きな芝生の公園と、
古いアメリカ調の駅舎などがあり、テーマパークっぽい雰囲気・・・。
ナチュラル感のある公園だと思っていたので、
ちょっとガッカリ・・・。

IMG_0934_20130405145023.jpg
この観光列車用の線路みたい、、

IMG_0936_20130405145547.jpg
これは昔からあるのかな?
写真の左側に写っているのは、
イースターの兎の仮装をしている人たち。
(この日はちょうどイースターでした)

芝生の広場を足早に通り過ぎ、帰路に。。つく前に、
橋の下に下りてみました。
IMG_0950.jpg

IMG_0949.jpg

IMG_0956_20130405145552.jpg

IMG_0954_20130405145552.jpg
一応、喜んで水に入っている。
慎重に一歩一歩、静かに水に入るのだけど、
顔は笑顔。楽しいらしい。

IMG_0960.jpg

IMG_0962.jpg
一歩一歩、じゃぼじゃぼじゃぼ。。。

IMG_0963_20130405145855.jpg
ご満悦。。

今回はリード付きの散歩なので、走ることはできなかったけれど、
でも、2週続けて、森の散歩が出来たしね。
翌日はよく眠っていました。^^


1月のフィン

2013.01.30 21:48|SFbay 犬
フィンは相変わらず、日々刻々と変化します。
良くなったり、良くなくなったりもするけれど、
それは上下の振動程度かな。

今はとてもお互い通じ合いやすいです。
このちょっとしたことで、ぐんと変わる変化。。
これからも見逃さずにいきたい。。

落ちていた割れたテニスボール。
以前は、他の犬の匂いがしていると触ろうともしなかったけど、
かまわず、アグアグ。。
IMG_9585.jpg

IMG_9588_20130131134201.jpg

IMG_9594.jpg

日曜にいつものドッグビーチへ行ったら、すごい人と犬でした。
程よい人数なら、コミュニケーションを楽しめるのだけど、
気温が良くなってきたせいか、あまりの多さに、
フィンは興奮と萎縮状態。。
しばらく壁際に座って、落ち着かせるようでした。

人や犬が居ない時だけ大はしゃぎ。^^;

IMG_9731.jpg

IMG_9744.jpg

IMG_9746.jpg

IMG_9756.jpg

IMG_9758_20130131140124.jpg

どうしたら、この緊張しやすさを和らげる事が出来るのかなぁ、
と改めて思った一日。

緊張、興奮というのは、やはり、
何かに心がすっかり奪われてしまっている状態だよね。。
だからその状態にならないように介入していけたらいいのかな、
そうして、大丈夫なんだ、というのを増やしていくことが、
落ち着きになるのかなぁ、と。。

そしてそれを意識しながら、
いつもの散歩道の興奮しやすいシチュエーションを活用しつつ、
実践してみたら、なんだか良い感じ。。
本当にちょっとしたことで、変わってくる。。
(この高感度だから、悪くなるのも早いのよね、、)
ここで安心せずにコツコツ、、
というと、神経質になりそうなので、
嬉しい!安心。。でその気にさせて進めていきたい。。^^

IMG_1002_20130131142456.jpg
ストーカー?(笑) 私を観察しながら寝ています。

かと思いきや、
ぐっすり寝たい時は、誰もいない部屋へ行ったり、
自分の部屋へ。。

IMG_1004_20130131142457.jpg
今日は手が出ていたのでわかりやすい(笑)

フィンのこの頃

2012.12.10 15:57|SFbay 犬
続いてフィン君画像。
IMG_8899.jpg
(「不審な音が!?」「・・・大丈夫!!^^;」)

いくらでも撫でてもらっていたい ぽぽたんに対して、
フィンは触られるのがあまり好きじゃないし、長く撫でられるのは苦手。
でも、ずっと撫でられているぽぽ兄ちゃんにジェラシーを感じる、
難しい犬ゴコロ。。

IMG_8877.jpg
仕方ないので遊んであげたら、こんなになってました。。

IMG_8886.jpg
犬の上唇?の、歯を隠して内側に丸まる柔らかなラインが好き。
(わかるかな、この説明。。)

IMG_0856.jpg
たいがい、真顔なんだけどね。(笑)

IMG_0858.jpg
そして写真も嫌いなので、
これは、「やめてくれないかなぁ、カメラ・・・」
という時の顔。

そしてこれは。。
いつまでも外に出たがる二人。。
(フィンは柿を食べに来る動物を追いかけたい。
ぽぽは、柿とか草とか、何か食べに行きたい)

「もう遅いからダメ!また明日ね!」
ご不満な二人。。
IMG_8898.jpg

二人で見たって、ダメなものはダメ!

Fort Funston  鏡の浜

2012.10.15 22:31|SFbay 犬
南カリフォルニアへ引越した友人が、遊びに来てくれました。
一年ほど前、犬が苦手だった彼女が家へ来て、
フィンと会ったことで、犬への苦手意識が変わってきたという、
非常に稀な方!!!!(笑)

2回目の今回は、もちろん余裕で大丈夫で、更に!
大型犬の多い、オフリーシュの Fort Funston へ行ってきました。
彼女はもうすっかり自然で、何が怖かったのかわからない、って。^^

しかも今日のFunstonは、今までで一番美しかったかもしれない。。
気温も夏のように寒くなく、最高のお散歩でした。

IMG_7837.jpg
引き潮で、浜にはうっすらと膜を張ったかのように海水が滲み。。
まるで鏡。しかも、普通の靴で普通に歩けるんです。
水は底から1cmくらいだったかな。。

IMG_7817.jpg
しかも、海の花もある。。

IMG_7808.jpg

IMG_7812.jpg

IMG_7813.jpg

IMG_7819.jpg

水の上を歩いているみたいだった。
でも足元はしっかり堅い。
不思議な感覚でした。。

IMG_7824.jpg
たまに来る波はこんな程度で、静かに長く。。
鏡面に、泡のふちどり。

IMG_7844.jpg
寄せる波と、
その上をつつつーっと、風が運ぶ海の花。

IMG_7839.jpg
なんて景色。。

IMG_7840.jpg

IMG_7842.jpg

フィン君は追いかけっこも出来ました。

IMG_7853.jpg

IMG_7855_20121016150049.jpg

IMG_7856.jpg

IMG_7857.jpg

IMG_7858.jpg
弓のように走る足長さんの余裕っぷりったら!(笑)
追いつかれないことを楽しんでいますね〜。
フィンも全力で走れてよかった!

IMG_7859.jpg
地層も少し。

IMG_7860.jpg
刷毛目のような、地層。。

IMG_7861.jpg
この下には、何が居るの?

IMG_7862.jpg

IMG_7852.jpg
膜のような水面の水がちょっと多めのところは、こんな砂の動き。。

IMG_7863.jpg
空には大きな翼のような雲。

日が暮れる。。

IMG_7865.jpg

IMG_7869.jpg

IMG_7871.jpg

IMG_7872.jpg
波の重なり。。

IMG_7874.jpg
日本では太平洋側に住んでいるので、陽が沈むのは山側。。

IMG_7876_20121016151855.jpg

IMG_7877.jpg
あっという間に沈んでしまいました。

太陽ともに、オレンジ色の強い光がなくなると、
今度は優しいピンクの空に。

IMG_7878.jpg

IMG_7879.jpg

最高にいい散歩だった。

フィンも、今回は波に夢中になることもなく、
他犬との関わりも、自然な良い具合で。^^

友人が来なければ、平日の夕暮れに、
ここまで来ようなんて思わなかった。
感謝です。^^
(フィンも大感謝だね!)

空港までお迎えに。

2012.10.04 16:43|SFbay 犬
サンフランシスコ空港で、以前、
犬と一緒にお出迎えしている人がいたので、
いつか私もやってみたいと思いつつ。。

そして昨日、チャレンジしてみました!
改めて書くのもなんですけど(笑)、
フィンは神経質なタイプの犬で、
初めての場所では興奮してソワソワになってしまいます。
大きな荷物を持って歩く人を警戒したりします。
そして、タイヤなど、動くものはなんでも気になります。
そして、飛行機音が苦手です。
この家の近くにもサンノゼ空港があり、ここに来てから、
飛行機の飛んでる音に時々反応するようになっていました。

でも、今ならコントロールできる自信があったので。。
ハーネスの前と背中にリードを繋げるものだったので、それも安心です。

駐車場で降りると、フィンの反応から、
飛行機音が大きいことに気づきました。
犬と一緒だと視点が変わりますね。(笑;)
フィンも耳がパタパタと動きます。

人がいなかったので、エレベーターに乗ってみました。
動き出すと、壁に立ち上がっていました。
降りる時に、私たちが降りると同時に若者2名が入ってきたので、
フィンがちょっと反応して一瞬、身体をパっとそちらに向く動きをしたのだけど、
彼らのほうがSorry!って言ってくれました。
こちらの人は、犬の間際で唐突な動きをしたら、
犬もビックリすることがわかっているので、
驚かせたことにSorryと言ってくれることがあります。。
ありがたや。。

エレベーターから到着ロビーまで、動く歩道に・・・
乗るのはやめておきましたよ、やっぱり。(笑)

思っていた以上に人が多く、カートもたくさん。
でも多すぎるせいか、スルーできていました。
それにこちらの人は、こどもを容易に近づけさせないルールが出来ているし、
走りよって来る人も、手を出す人もいないので安心です。

IMG_7648.jpg

ベンチが3列ほどあるところの
一番後ろの端に座り、フィンを足の下に入れていると、
微笑みかける人はいても、近づく人もかまう人もいません。
ありがたや。。

フィンの耳は、休み無く動いています。
360℃情報を収集しているようでした。^^;
まるで手旗信号。。

IMG_7641.jpg
前方聞いて、

IMG_7643.jpg
後方聞いて、

IMG_7644.jpg
前と後ろ聞いて、、

IMG_7651.jpg


フィンは最初のうちはほぼ全力で観察中だったのだけど、
さすがに後半は足を崩していたり、アゴを床に着けたり、
少し眠そうにしていました。

でも、一度だけ、吠えてしまいました。。
ロビーの人、全員がこちらを見たように思います。

原因は、、
斜め前の座席にも出待ちの人たちがいたのだけど、
読んでいた新聞を座席に置いた時に、
黒い椅子の座面と背の隙間から、新聞の角がこちらに飛び出して、
ツツツー、ツツツーと動いたわけです。。^^;
私たちにとっては、ただの新聞の角。
でも、フィンからしてみれば、目線の近くで、
黒い何もない面から尖ったものが、コチラに向って動いているわけで、、、
何かちょっかい出されている、攻撃されているような気になったのかもしれません。
ワワワン!と4吠えくらいはしたのだけど、
幸い、すぐにまた足の下に入って、大人しくなってくれました。。

IMG_7661.jpg

IMG_7654.jpg


席に付いてすぐに、オットから到着のメッセージがあったので、
これで待ち時間は少ないな、とほっとしていたけれど、結局、
入国審査の列が長かったようで、1時間半は待っていました。

ほぼ平和だったけど、
フィンが大きな回転ドアを気にしていたのが、気がかりでした。
そして、そこをガラガラと通る、繋がった長いカートの列の移動。
そして、キラン、キランと夕陽の反射する光。。
でも幸い、吠えもせず、やりすごすことが出来たので良かったけれど。

あと、一度ヒヤリとしたのが、
セグウェイを飛ばしてきた警官!!
人の居る中を飛ばすから、スケボー(天敵)のような動き。
フィンがパ!と伏せからお座り状態に。それでもそこで堪えてくれたけど。。

フィンの緊張度が高い時は、空気を変える工夫をしたり。
おとーさん、まだかなぁ、とか言ってみたり、
あとはやっぱり、アクビですね。
神経質そうに耳をそばだてたところで、はぁ〜ふ、とアクビをすると、
エヘとコチラを見たり、アゴを床につけたり。。
実際、いろいろ忙しい日々だったので、自然にアクビも出てきちゃうので、
それも、フィンに良い効果だったと思います。
私が緊張してドキドキしていたら、フィンもより緊張しちゃうからね。

リードは絶対に人に届かない距離にしつつも、緊張を感じさせないようにゆるませて、
ちょっとでも前へ身体を出すようなら、足をフィンの前側に動かして、
下がれの指示は送りつつ、緊張感を伝えない、という、
なんかだか私のトレーニング時間のようでした。(笑)

オットとの再会は、
「ほら、おとーさんが来たよ。」と言ってもわからずキョロキョロ、、^^;
側まできて、ようやく立ち上がって抱きつき、
お決まりの甘えん坊ポーズ、お座りして足の間に鼻を挟んでいました。
オットに会ってからのほうが、興奮度が上がって、用心が必要だったかな。

何事もなくクリアできて良かったです。

足の下がフィンの許されているスペースであることを教えて、
身体をウロウロ動かさないのも良かったです。
狭いところは本犬も安心できるしね。
失敗の許されないことなので、用具に頼れたのも良かったです。
ハーネスで身体をコントロールできることは、本当に助かりました。
興奮で身体を動かしちゃったら、雪だるま式に興奮していっちゃうものね。

そんな感じで、日々トレーニングは続いております。。

モグモグ。

2012.08.16 11:55|SFbay 犬
フィン用に棒状に作っておいたパン。
すっごくよく噛んでいて、おかしかったのでパチリ。
ちなみに。
肉はひと噛みもせずに丸呑みです。
「肉はのどごし。野菜はよく噛んで。」が鉄則のようです。

IMG_9069.jpg

IMG_9071.jpg

IMG_9077.jpg

IMG_9079.jpg

IMG_9081.jpg

IMG_9084.jpg

自分のキャベツはさっさと食べて、
眠くてボーっとしているぽぽ兄ちゃんのキャベツを・・・。

IMG_9086.jpg

IMG_9087.jpg

IMG_9088.jpg

ぼんやりしているようで、
2片あることはわかっていたらしい。

共同作業

2012.08.10 12:53|SFbay 犬
昨日、嬉しい発見がありました!

網戸を開けっ放しにしていたら、
元気はつらつなハエが複数侵入致しまして・・・。
(ぽぽたんが、昨日はどうして外で寝るんだというので、
網戸を締め切るわけにはいかず・・・。)

それで紙でパタパタと窓のほうへ誘導していました。

フィンも騒ぎにきちゃうかな、と振り返ったら、
寝床の中から、じーーーーーっと私の動きを見ていました。
「やっぱり、お母さんもハエ、嫌いなんだ!」と確信したもよう。。
フィンは何かが自分の目の前を動き回るなんて、猛烈に許せない質。

そのうち、ハエが窓から離れて奥のほうまで飛んでいったら、
それをヴァウ!と追いかけて、、
普段だったら、興奮気味に走ったり吠えたりしているところに、
私が近づいていったら、ヤバイ!とばかりに、
頭を下げて、スゴスゴという態度を取るのだけど、今回は違った。

フィン、満面の笑顔で振り返った。。この顔、わかってる。。(笑)

「フィン、ハエ、こっちに飛んできたの?」
「そうだよ!さっきまでこの部屋にいたんだけど、、」と言わんばかりにキョロキョロ。
「アッチの部屋にいったかな?」とアッチの部屋へ行こうとすると、
「そっか、アッチか!」と、アッチの部屋を探す。。
「いないね。ねぇフィン、また向こうの部屋に戻ったかもよ」と、背中をこちょと触ると、
笑顔をむけて、一緒に向こうへ歩いて行く。。

あぁ、私たち、今、気持ちは一つ。
フィンの満足げな笑顔が眩しかった。。(笑)
じーん。。

いつも、追いたいのを我慢する犬と、静止する人。
でも本当は、一緒の目的で動くことで本領を発揮する犬なんだもんね。
ハエはその後、無事に全員退場頂きました。


・・・

スイカは外で食べようね。
IMG_9066.jpg

IMG_9067.jpg
ちゃんと、赤いところだけ齧っている。。^^;

IMG_9064.jpg
そしてぽぽたんは、あるだけ食べたりしないので、
残すのだけど、それをスル〜っと、端っこをくわえて盗人するのが、フィン。。
ぽぽたんは、食べ物を取られることを怒らないんですよね。
さすが草食動物。いつでも食べ物はあるからね。

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

アヤ

Author:アヤ
大きな木のもとで、
ロップイヤーのたんぽぽと、
ボーダーコリーのフィン、
2人と2匹で暮らしています。

たんぽぽ(ロップイヤー)2007/1/4 生まれ

フィン(ボーダーコリー)2009/6/3 生まれ

アズー(ブルーボタン) 2014/11/21生まれ

リンク

Flashカレンダー

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。