スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族の旅行、イエローストーン。

2013.09.02 07:39|SFbay 暮らし
義父母が1週間だけこちらへ。
そしてオットと3人で
イエローストーンへ行きました。
温泉や間欠泉で有名な国立公園です。

IMG_2479.jpg

私は今回はぽぽフィン番でお留守番です。
ペルーやニューメキシコの染織の旅へ行かせてもらったので、
まるで問題無しです。^^

なので、詳しいことはわかりませんが、
さまざまな色と景色がとてもきれいだったので、
膨大な量の中から、適当に選んでupです。
(でも大量だけど。。)

・・・

まずはグランドティトン国立公園。
IMG_2309.jpg

IMG_2314.jpg

IMG_2315.jpg

IMG_2318.jpg

IMG_2324.jpg

IMG_2334.jpg

IMG_2336.jpg

IMG_2377.jpg

IMG_2381.jpg
エルクの群れ。ホテルの前だそう。

IMG_2384_201309030142245f1.jpg

IMG_2390.jpg

IMG_2342.jpg

・・・

ここからがイエローストーン国立公園です。

色とりどりの温泉プール。
"地球の歩き方" によると(笑)、
高温の温泉では生物が繁殖出来ないので空の色がそのまま映り、
少し低温になるとバクテリアが発生し、酸性の場合は緑色の藻、
そうでない場合は黄色の藻が発生してその色になり、
それから鉱物の硫黄と鉄の色があるそうです。

IMG_2434.jpg

IMG_2449.jpg

IMG_2460.jpg

IMG_2466.jpg

IMG_2472.jpg

IMG_2479_201309030045075d6.jpg

IMG_2482.jpg

IMG_2484.jpg

ガイザーカントリー
IMG_2505.jpg

IMG_2513_20130903004602a72.jpg

IMG_2564.jpg

IMG_2519_20130903004605c26.jpg

IMG_2527.jpg
(上の写真の)ホテルの中だそう。

IMG_2596.jpg

IMG_2606.jpg

IMG_2635.jpg

IMG_2638.jpg

IMG_2663.jpg

IMG_2670.jpg

IMG_2701.jpg

IMG_2705.jpg

IMG_2711.jpg

IMG_2732.jpg

IMG_2733.jpg

IMG_2740_2013090300500424f.jpg

IMG_2736_20130903005004f52.jpg

IMG_2754.jpg

IMG_2776_20130903005137464.jpg

IMG_2778_20130903005138f3f.jpg

IMG_2787.jpg

IMG_2801.jpg

IMG_2809_20130903005351b1f.jpg

IMG_2824.jpg

IMG_2851.jpg

IMG_2858.jpg

IMG_2864.jpg

IMG_2871_2013090300544869c.jpg

IMG_2882.jpg

IMG_2900.jpg

IMG_2919.jpg
十字架があるみたい。

IMG_2921.jpg

IMG_2924_2013090300571691e.jpg

IMG_2933.jpg
頭寒足熱の逆ですね。^^

IMG_2936.jpg

・・・
キャニオンカントリー

IMG_2937.jpg

IMG_2956.jpg

IMG_3091.jpg
王者ですね。
頂きに巣を作れるなんて。

IMG_3103.jpg

・・・

IMG_2972.jpg

IMG_2973.jpg

IMG_2974_20130903010012f5c.jpg

IMG_2990.jpg

IMG_2992.jpg

IMG_2994.jpg

・・・

マンモスカントリー
温泉に石灰分が含まれていて、
石灰棚が出来ている。

IMG_2997.jpg

IMG_3000.jpg

IMG_3002.jpg

IMG_3003.jpg

IMG_3005.jpg

IMG_3006_20130903010451331.jpg

IMG_3015.jpg

IMG_3016.jpg

IMG_3019.jpg

IMG_3023_20130903010609f03.jpg

IMG_3031.jpg

IMG_3032.jpg

IMG_3049.jpg

IMG_3052.jpg

IMG_3053.jpg

IMG_3054.jpg

・・・

IMG_3036.jpg

IMG_3038.jpg

IMG_3043.jpg

IMG_3061.jpg

・・・

IMG_2303.jpg
ホテルの中(グランドティトン国立公園の)
に展示してあったものだそう。

そして留守番の私に
小さなナバホラグを買ってきてくれました。^^

IMG_3381.jpg
これは伝統的な Storm Pattern。
意味を調べたら、解釈はいろいろあるようです。
四つ角は聖なる山とか風、東西南北と言われていて、
それにジグザクは稲妻、
黒とグレーのは甲虫(害虫的な)だそう。
中央は家だったり湖だったり、世界の中心だったりするそう。

これは四つ角と同じパターンだからパワーが集まったところ、
と解釈してみようかな。


"In Her Hands"

2013.08.26 20:12|SFbay 暮らし
友人と一緒にバークレーへ。
(誕生祝いにと、すっごくおいしいピザをごちそうになりました。
ごちそうさまでした!!お店もステキ。"Gather" そしてブラブラ歩きも。楽しい時間をありがとう!)

バークレーと言えば、こちらへ来た年に、
タペストリーのクラスに通った町です。

古い家がたくさん残っていて、
学生街でありつつ、
ヒッピーの香りが残りつつ、
怪しさもあり、
オーガニックなカリフォルニア料理発祥の地であり。。

やはり、おもしろいところです。

以前も行ったことのある古本屋Moe'sへ。
テキスタイルの本なんて、
普通はほとんどないのだけど、
ここはあるんですよねぇ。。

ネッティングの本を見つけてしまいました。
この本、なんと同じくバークレーにあるLaces(手芸店)発行でした。

IMG_3330.jpg

IMG_3329.jpg
イラストや、タイプしたような書式、かわいいです。

以前、デンマークのおみやげに
この古いネッティングの杼を頂いたことがあります。
織りで使っていたけれど、
いつか君を本職で使ってあげたいです。

IMG_3331.jpg
最近、ドリームキャッチャーなどを作ったりもしていたので、
ネットの技法にも興味津々です。

もう、糸の世界の興味は尽きなくて、
あれもこれもと、困ったものです。。
でも本腰入れたいものは、定まってきているので、
逆に、だから気軽に遊べるのかな、とも思っています。

フェイスブックには試織中のものや、
気軽に作って遊んでいるものなどもupしているのですけど、
そのうち、こちらにもまとめて少しupしてみよう、、かな、
と思っています。

それと。。
この本にはグっときました。

IMG_3336.jpg

とても温かな写真がたくさん。。
幸せとはなんだろか、
とか思ってしまったり。
IMG_3338.jpg

それにこの言葉がいい。
IN HER HANDS
この言葉を読んだ時、掌がむずむずっとした。
そうそう、って、喜んでいるようだった。
IMG_3337_20130827130324a3c.jpg

手の中に、すでにあるんだよね。
どこにでもなく、すでにここに。

Mission 地区

2013.08.19 16:38|SFbay 暮らし
この間、サンフランシスコのミッション地区へ
オットと行ってきました。

IMG_3102.jpg
(ヴィクトリア調の建物も多く残っています。
この装飾、顔だけなのね。他はシンプルに四角。。)

この辺りは治安が良くないところも多いのだけど、
個性的なお店や、おしゃれなお店やカフェも多くて、
おもしろいところです。

今回の目的は古道具屋。
BIG DADDY'S ANTIQUES へ行ってきました。
このベタな名前に反して、、
巨大な倉庫をダイナミックに活用したディスプレイで、
すごい迫力でした。。
(店内なので写真は撮りませんでしたが、HPにビデオもあります。)
安いものは置いていないので、買い物するというより、
雰囲気を楽しみに行っただけなんだけど、
お店のおじさんも優しい笑顔で挨拶してくれて、
楽しくブラブラさせてもらいました。

近くにHeath Ceramics もあるので、
オットはまだ行っていなかったので、ついでに立ち寄ろうと思ったら、
駐車場が見つからず、2ブロック離れた所に発見。
途中にあったCOFFEE BARへ立ち寄ることに。
メインストリートと違って、外でのカフェも気持良さそう。
気軽に寄ったら、珈琲がおいしくてビックリ。

IMG_3098.jpg
ゴールデンゲートなんとか、
というエスプレッソをラテにしたもらったものです。
ちなみにこれ、Sサイズ。。普通にたっぷり一杯です。。

Heath Ceramics の空間はやっぱりオットもおもしろかったみたい。
最初は全然行きたがらなかったのだけど、
ただの食器店かと思ってた、というようなことを言ってたっけ。

IMG_3099.jpg

メインストリートはお店も人も多く、
男女とも、みんなオシャレ。
そして自転車もファッションの1つですね。
さりげなくかっこよく乗っています。
(引いています、のほうが多いかな?)

おしゃれな本屋さんの文具コーナーで、
ジャポニカ学習帳を見つけたよ。

IMG_3108.jpg

IMG_3111.jpg
ミッション地区は壁画アートで有名なところなのだけど、
普通の小道でもよく見かけました。

IMG_3104.jpg

よく見るこの壁の張り方、shingles と言うのですね、
丸いと魚のウロコのようです。^^
IMG_3113.jpg

高速道路から。サンフランシスコの丘。
白い雲がべったりと山にはりついています。。
IMG_3120.jpg

サンフランシスコは、やっぱり好きだなぁ。
東京もそうだけど、cityって好き。
(ベースは自然の多いところがいいけど)
いろんな人がいて、それぞれのおしゃれをしていて、
カフェするのなんて、自宅でも出来るのだけど、
そこに訪れてくる人や町行く人を眺めるのがおもしろい。
変な人も多いし(笑)

帰るまでに、また来たいな。




オモイヲハセル

2013.08.10 19:33|SFbay 暮らし
日本に出張中のオットが画像を送ってくれました。

IMG_2487.jpg
(お義父さん、草刈りありがとうございます!)

畑予定地。。
最初は、古家を取り壊した場所だったので、
30年以上眠っていた地面だし、
基礎も掘り起こしたので草も生えず、
ただぬかるむばかりでした。

まだ、背の高い草ばかりが茂ってしまうけれど、
この3年でだいぶ健全になって来たのではないかと思う。

南に森があるので、陽当たりもあまり良くはないのだけど、
自然農を勉強して、野菜を作りたいです。
その前に地味な労働がたっぷりあるのですが。。

最近、帰国後の土木作業、大工仕事に思いを馳せています。。
夢は膨らむばかり。

建築する時に掘り起こした土と、
森に侵略してきている(というより、庭まで来た)竹、
そこにあるものを活用して、あれこれ整えたいです。
土のう袋もアレコレ使えそうです。(コチラ

竹の扱いも勉強しなくちゃ。
竹垣、作りたいです。
柵があると、やっぱりいいな、って思います。。

染織に関しても、やりたいことはいろいろ!
どうしていきたいのかも、自然と方向が見えてきました。
毛織だけにこだわることはせず、
庭ともっと密接に繋がっていきたいです。
自然の循環と共に制作したいです。
自然のリズムの中に組み込まれて暮らしたい。。


それにしても。
あと2ヶ月もしないで帰国だというのに、相変わらず、
庭の写真を見ると、胸がキューーーッと切なくなって、
涙が出そうになる。
・・・なぜだ?^^;

たべもの。

2013.08.05 12:15|SFbay 暮らし
こちらは8月が涼しいので(季節の変り目が暑い)、
ちっとも真夏という気がしません。

でも冷菓みたいなものが食べたくなり、
何度か葛まんじゅうを作ってみました。
でも、葛粉という名で売られていても、
本葛はないので、スイートポテトスターチだけど。

IMG_2407.jpg
葛を包むのが難しくて、
未だに底面まですっぽりは包めないんだけどね。^^;
餡玉に葛を被せる感じです。

IMG_2890.jpg
この間は桜を入れてみました。
餡の甘さが控えめなので、塩気が入ってよかったかも。
(葉っぱは柿の葉)

葛粉に水飴を使うと粘り加減がやりやすかったけど、
砂糖(茶しかないので、茶を使ってます)でも、
水分を多めにすれば同じような感じでした。

葛のお菓子は大好きなので、帰ったら、本葛で作りたいです!

・・・

これは5月頃だったかな、
オットの会社の人の立派なお宅でバーベキューがあり、
手みやげに、寒天で作りました。
下半分は牛乳寒です。
IMG_1999.jpg

この画像は作り立て。冷えると白くなるから、
実際は、桜はこんなにクリアに見えないんだけどね。

それと、こんなものも作りました。
IMG_1010.jpg

ちょうどその前にイスラエル料理で、ハマスを食べたので、
レシピを調べたら簡単そうだったので、何度か真似して作ってみました。
こちらではスーパーに、ハマスコーナーがあって、
いろんな取り合わせが売られています。(買ったことないけど)

材料は、ベースは、ヒヨコ豆、タヒニ(練りゴマ)、
オリーブオイル、塩レモン、ガーリック、ジンジャー。
アレンジで、ピンクは紫イモ。手前のはパセリ。

全部ミキサーで混ぜるだけ。

たくさん出来てしまって、でも
ごはん食だと、なかなか消化できないので、
余った分は冷凍して、調味料的に使っていましたが、
そのほうが使えました。

・・・

地味なところでは、柿の葉茶を作ってみたり。
IMG_2405.jpg

梅干しも、2度目を作ってみました。
小ぶりの青いのしかなく、家で黄色くなるのを待っていたら、
なんとしおれてきてしまい、、(どれだけ乾燥してるんだ。。^^;)
なので、今度はすぐに干さず、
梅酢に漬ける時間を長めにしてみました。
でも皮はやっぱり硬め。(画像、右側)
でも味はおいしかったので、ほ。。

梅280g 
塩42g

IMG_2450_20130806041835bcb.jpg

・・・

アメリカ南部料理のフライドグリーントマトを作ってみました。
本当はコーンミールを使うようだけど、なかったので、
アーモンド粉や、クスクスを衣にしたり。。

IMG_2834_20130806035847879.jpg
クスクスはちょっと硬すぎた。
アーモンド粉は小麦粉と混ぜれば良かった。。
ごはんのおかずとしては、何だけど(^^;
翌日に、ベジバーガーにしたらおいしかったです。

IMG_2847.jpg
今、白イチジクがおいしい!
(日本に帰ったら、苗を植えたいです!)
フライドトマトにかけた塩と、イチジクの甘いとろみ、
それとバルサミコ酢で、タレ的なものがなくても、
パサパサせずにおいしかったです。
サラダのルッコラや、パンのクルミなども効いていたかも。
何より、トマトがジューシーになるし。

・・・

オットに好評なのが、かぼちゃカレー。
肉も魚介も使わず、野菜だけだけど、ちゃんとコクがあります。

1013422_484823298267648_1910311655_n_201308060434544ac.jpg

レシピは、
たまねぎ、かぼちゃ、きのこ。
カシューナッツ、ドライトマト(酸味求めて)
オイルは、白いごま油と、クルミオイル。
スパイスは、いつもと変わらず、適当に、
コリアンダー、クミンシード、ガラムマサラ、カレーパウダー、
カルダモン、カイエンペッパー(は少々)、すりおろし生姜(で辛みが増す感じ)。
塩麹と塩レモンと醤油それぞれ少しずつ。
ミルク類は使わずに、水だけ。

だいたいこんな感じで、その時にあるもので。

・・・インドカレーは、過去に大失敗をしたことがあり、
未だに笑い話です。

以前、家が建ったばかりの頃、
雑誌の取材を受けました。
紹介して下さったギャラリーの方、編集長、カメラマン、建築家、と、
おいしいものに詳しそうな方が揃ったところで、
初めて作った薄〜いインドカレーを出すという失態・・・。
その頃は、家見で人がよく来ていたので、
メニューに飽きて、新しいものを作りたくなり、、
そしてよくわかっていなかったので、
普通のカレーと同じような加減で水を加えたのでした。。
来客時に初めて作るものを出すってねぇ、、^^;

・・・

アメリカに来て、
染織のことばかりだった生活から一度離れたこと、
それが一番良かったことかもしれない。
それまでもパンを焼いたり、料理は嫌いではなかったけれど、
基本は、料理のことを考える時間なんかもったいない、でした。

穀物菜食になったことも大きい。
料理を楽しむ時間をもらいました。




青い羽。

2013.08.03 20:56|SFbay 暮らし
この間、青い羽を見つけました。
(ちょっとボロボロだったけど)

IMG_2806.jpg

光の加減でキラキラ変わるので、
思わず、パチリパチリ。

IMG_2803.jpg

IMG_2809.jpg

IMG_2816_20130804131017eea.jpg

昨年は、本帰国するかも。。という話がある時に見つけたっけ。
今年は、もう決定しているけどね。

あっという間に8月に入ってしまいました。
こちらでの暮らしも、
あと2ヶ月を切ってしまいました。

先月末から動物検疫の輸入手続きも始めました。
あとは帰国10日前頃に健康診断と、その裏書きを取得すること。

また長旅、、頑張ろうね!!

IMG_2792.jpg
(それぞれのお気に入りの場所がちょうど真向かいなので、
たまに向き合って休んでいます。。)


IMG_2770_20130804135542333.jpg
琉球朝顔がよく咲いています。

夜中の訪問者/身近な鳥

2013.07.08 23:39|SFbay 暮らし
6月末のことですが、夜中に犬が激しく吠えるので、
様子を見に行ったら、

アライグマが!

IMG_2283.jpg
まるで動じず!^^;

IMG_2284.jpg

裏庭へ行きたかったようなのだけど、
2匹子連れだったので、
こどもたちがこの塀を上がれなかったようです。

写真には撮れず、残念でした、
かわいいこどもたちと、
お母さんの巨大なおしり・・・。

フィンが夜中吠える時は、他に、
犬が散歩している、というのもあります。。
夜中に放す家がいるようです。
でも防犯にはなるのかな?^^;

・・・

アメリカのスズメ。
アメリカンスパロー 、ハウスフィンチ。

最近、裏庭のすぐ脇にある電線によく止まっています。
なんだか懐かしい景色です。

IMG_1877_20130709162708.jpg

IMG_1883_20130709162709.jpg

IMG_1894.jpg
雄は顔から胸へと、誇らしげな赤。

・・・

こちらはお馴染み、ハチドリさん。
お馴染みなんだけど、なかなか撮れません。。

IMG_1733_20130709163401.jpg

IMG_1730.jpg

IMG_1729.jpg
地味な色だけど、どこか可憐なコでした。










気になる木。

2013.06.17 15:26|SFbay 暮らし
今年もまた、
この気になる木の花が咲く季節となりました。
もうこれで最後だねぇ。。
秋に帰国が決まっているのです。

モコモコの木。(と勝手に呼んでいる)

IMG_1344_20130618073814.jpg

IMG_1345.jpg

IMG_1354.jpg
風にゆられて、なかなかうまく撮れないんだけど。。
しかも白は強い日射しに反射しちゃって。。

IMG_1353.jpg
でも今年は下のほうでも咲いてくれていたので、
upを撮ることができました。
ユーカリの木の隣にあるから言うわけじゃないけど(笑)、
これもオーストラリア花木っぽいですよね。。?

IMG_1355.jpg
なんといっても、幹までモコモコ。

今はもう、花はだいぶ茶色くなってきちゃったけどね。

・・・

今お見事なのは、何と言ってもこれ、ジャカランダ。
熱帯アメリカ原産でブラジルの国花。

IMG_1897.jpg
近所のラティーノ ファミリーの家の木です。
とっても立派!

IMG_1898.jpg

ジャカランダは葉っぱが繊細で美しく、
日本では観葉植物として売られています。(寒さに弱いので)
実家に居る時に、苔玉に仕立てて、
もう10年以上経つかな。

当時、それに花がつくと知ってとても驚いたものです。
中南米で、日本の桜のようだと。。
植物図鑑で見ていた時の気持ちを思い出します。

オットは、単身アメリカに来た時がこの季節だったので、
その時のことを思い出すそうです。
(私はオットの8ヶ月後に渡米した)

ジャカランダ、種がまたユニークなんです。
平らな円で。。また今度。

[画像追加しました]

IMG_2022m.jpg
笑っているみたい。。ケケケ。

IMG_2023_20130624134954.jpg

・・・

それから。
今はもうそろそろ終わりの頃なのだけど、
どこでもこの花が香っていました。

IMG_1339_20130618075501.jpg

IMG_1340.jpg

聞いてみたら"アメリカン ジャスミン"と教えてくれました。
でも日本でアメリカジャスミンといえば、ニオイバンマツリ。
こちらでの名なのかと思ってAmerican Jasmineで検索しても
この花は出て来ないので、通称かもしれません。

なにより。
テイカカヅラに似てるなぁ、と思ったら、やはりそうでした。
学名のTrachelospermum asiaticumで検索したら出てきました。

刈り込みが出来るようで、生け垣にしたり、
アチコチで見られました。
原産は日本、韓国、中国。。

・・・

それと、これも名前がわからないけれど、アイリス系の。

日本のシャガみたいな感じで一般的でどこでも咲いています。
IMG_1432.jpg

IMG_1430.jpg

IMG_1431.jpg
なかなかの大型植物です。
かんかん照りにも負けずに咲いているけれど、
やはり木陰にあるもののほうが、葉も花もきれいです。

・・・

それと今はアガパンサスですね。

IMG_1936.jpg
一番乗りは、水色の。

IMG_1379.jpg
そしてちょっと遅れて白が咲いてきました。

IMG_1940.jpg
木陰のアガパンサス。
でもこれだけ、木漏れ日を浴びて、輝いていました。

つぼみではなく、もう咲いているのだけど、
写真に撮ってあるのはつぼみだけでした。^^;
つぼみのほうが、線の優雅さと白いふくらみが、美しいからね。

IMG_1918.jpg
プルンバーゴはずーっと咲いています。
日本での繊細な雰囲気をくつがえす、高速道路脇でも咲く逞しさです。

IMG_1964.jpg
お散歩に行く途中に、
色とりどりのキョウチクトウを植えた垣根があります。
濃いピンクのつぼみは、
濃淡がパラソルみたいでつい目がいきます。^^
(咲くとちょっと暑苦しいんだけどね!^^;)




Sequoia National Park 大きな木々のトレイル

2013.06.11 21:04|SFbay 暮らし
シャーマンの森から、ミュージアムへ行く間も、
道路脇にはたくさんの立派なジャイアントセコイアがありました。
そのまま、ミュージアム周辺まで続きます。

満車の表示だったけど、運良く駐車出来ました。
ここはとても混んでいたけど。。?

IMG_1756_20130612124845.jpg
駐車場脇にて。

ジャイアントフォレストミュージアムは、
ビジターセンターのような感じでこじんまりと。。
IMG_1766_20130612124545.jpg

そこからBig Trees Trail へ行く道があったので、
ここもまずはオットに行ってもらう。
私はちょっと酔ったので待ち時間がありがたい。。
(本当にすごいグネグネ道なんですよ。。)

フィン君撮影会をして遊んだり。。
IMG_1774.jpg

IMG_1777.jpg

良い木陰を見つけて、目の前の巨木を眺めながら、
フィン君とまったりタイム。。
IMG_1783.jpg

IMG_1784_20130612124852.jpg
本当に気持ち良かった。
座っている背後も大きな木たちです。

今回は1時間半くらいかかりそうだな、
私は別にいいかな、、なんて思っていたら、
やっぱり1時間もかからずに帰ってきた。

「こっちは遠回りだった。あっちから行くとすぐ入り口だよ!
せめて入り口だけでも見て来たら?今までと全然違うよ。絵になるんだよ。」

と、熱烈に薦めるので、とりあえず、入り口まで行ってみたら、
あっという間に引き込まれて歩いちゃってました。

IMG_2087.jpg

IMG_2091_20130612125920.jpg

なんと、中央が湿地帯になっていて、
その回りをジャイアントセコイアがぐるりと囲んでいました。

IMG_1791.jpg

IMG_1792.jpg
右下、ベンチと比べると高さがわかりやすい。。

IMG_1793.jpg
倒れた木と、小さなツリー。。

IMG_1788.jpg
迫力満点。。

IMG_1789_20130612130130.jpg
ゾウさんの足。。

IMG_1794.jpg

IMG_1795.jpg

IMG_1797.jpg
左下にベンチがあります。

IMG_1798.jpg
なんだか、とても美しい。。

IMG_1802_20130612130918.jpg

IMG_1805.jpg
石もおもしろいんだ。

IMG_1806.jpg
これは一体化しちゃってる。。

IMG_1811_20130612130925.jpg
倒木の横でハナミズキが咲いていました。

IMG_1809.jpg

IMG_1813.jpg
いつもは高〜いところにあるセコイアの葉っぱだけど、
珍しく、低い位置に。

IMG_1815.jpg
物語の中みたい。

IMG_1818.jpg

IMG_1822.jpg
左下のほうにある黒い細いのは人です。

IMG_1823.jpg
ルピナスとMustang clover

IMG_1824.jpg
Meadow lotus

IMG_1826_20130612131557.jpg

IMG_1827_20130612131559.jpg

IMG_1831_20130612131600.jpg

IMG_1832.jpg
ハナミズキは白いので色が飛んじゃうのが残念。。
(カメラを忘れて、スマホで撮っているのも哀しい。。)
ハナミズキ、英語ではDogwoodです。犬の木。。^^

IMG_1835.jpg
水があると、景色が違いますね。

セコイアと湿地なんて。そんな場所があるとは。。
熱烈にすすめてくれたオットに感謝。
入り口で帰らなくてよかった(笑)
どうも犬と一緒だと、
これ以上待たすのも。。と思ってしまい。。
本犬は平気なんですよね。

この後は、もう山を下るのだけど、
生えている植物が、どんどん変化していきます。
セコイアがパタンとなくなり、
低木ばかりになり、ユッカばかりになり、、
育つ場所というのがはっきりと分かれています。

・・・

ウィキペディアによると、
広大なセコイア&キングスキャニオン国立公園の
84%以上が道路のない原野のままだそうです。
鍾乳洞は一ヵ所だけツアーが出来るけれど、240以上あって、
今も発見され続けているとか。
シエラ・ネバダ山脈を横断する道路はない。

観光地化されているのはこの辺りだけみたい。
ちょっと罪悪感が薄まりました。。^^;
もう、ここだけで十分すごいから、
あとはそのまま、神秘のままでいいね。




Sequoia National Park シャーマン将軍の木

2013.06.11 18:44|SFbay 暮らし
翌日は、隣接しているセコイア国立公園へ向いました。
地上最大の体積を持つ"シャーマン将軍の木"へ。
推定樹齢は2300年〜2700年だそう。

ものすごいグネグネ山道を走り、
キャンプ場から一時間ほどかかったかも。。

トレイルの裏手に駐車場があります。
かつてはスキー場だったところだとか。
そこから舗装された道を降りていきます。
往復で、1時間かからずだったかな。

IMG_1711_20130612104205.jpg
例のごとく、ペット禁止なので、交代です。

幸い、森の木陰があり、花が咲き、
待っているのも楽しかったです。
IMG_1706.jpg

IMG_1694_20130612104436.jpg
Mustang clover, Yellow throated gilia

IMG_1709_20130612104435.jpg
Stickseed, Velvety stickseed

IMG_1702_20130612104432.jpg
ペンステモン系なのかなぁ??

IMG_1696_20130612104431.jpg
Blue lips

IMG_1703.jpg
森の奥へ、小道が続いていたので、
少し歩いてみました。

IMG_1705.jpg
シュガーパインの松ぼっくりがどっさり。

IMG_1713.jpg
巨大な石もゴロゴロあって、
そこに座ってぼーっとしているのも気持ち良かったです。

さて。
シャーマントレイルへ。

坂をぐねぐね降りていくと、
途中から眺められるスポットがあります。

IMG_2021.jpg
左側のがシャーマンです。
ここからだとまだ大きさが実感できません。

途中にもたくさんいます。。
IMG_1731_20130612110446.jpg

IMG_1726_20130612110447.jpg

IMG_2023.jpg
こうして群れになっていると、大迫力です。

IMG_2027.jpg

いよいよシャーマンです。
IMG_1735_20130612110449.jpg

IMG_2037.jpg
右下に人が写っています。

IMG_2035.jpg

IMG_1737_20130612110803.jpg

IMG_1738.jpg

IMG_2065.jpg

実は二人ともあまり期待していなかったんですが、
(私なんて、別に見なくてもいいし。とか言ってたし。^^;)
すみませんでした。
迫力が全然違いました。。
“生物”という感じ。。

IMG_1743.jpg

IMG_1745.jpg

IMG_2058.jpg

まさにジャイアント フォレスト
巨人の森でした。。

これでメインイベントが終了した、と思いきや。。
いやいやすごい森でした。

つづく。



| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

アヤ

Author:アヤ
大きな木のもとで、
ロップイヤーのたんぽぽと、
ボーダーコリーのフィン、
2人と2匹で暮らしています。

たんぽぽ(ロップイヤー)2007/1/4 生まれ

フィン(ボーダーコリー)2009/6/3 生まれ

アズー(ブルーボタン) 2014/11/21生まれ

リンク

Flashカレンダー

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。