スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クスコからリマへ。

2012.11.13 23:52|旅 染織の旅 ペルー
朝の便でリマへ向いました。
アンデス山脈。
・・・高すぎ。

IMG_0349_20121114142034.jpg
そして美しすぎ。。

IMG_0351.jpg

IMG_0352.jpg

リマは治安も良くないので、ちょっと緊張。
ホテルはもちろん、安全と言われている一帯だけど、
それでも、鉄格子だらけの家、小さな売店ですら、まるで牢屋の中のよう。
鉄格子越しで買い物をしている。。電話も。。
でも、観光ポリスがまめに立っていてくれるので、ありがたい。。
(ま、それだけ危ないってことかもしれないけど)

それでも、公園では親子が遊んでいたりして、
ゆっくりと、目的の天野博物館の予約時間まで過ごしました。
本当は旧市街地にでも行こうか、という予定だったのだけど、
観光地とともに危険なエリアでもあるので、もうパワーがありませんでした。^^;

IMG_8128.jpg
(公園にて。赤い靴と青いアイシャドウの鳥さん)

天野博物館は、
ツアー式で、その解説の人と一緒じゃないと見る事が出来ません。
土器の部屋と織りの部屋と二部屋あって、
時間も半分ずつ。。20分ずつくらいかなぁ。
若いお兄さんが解説しながら案内してくれます。

織りの部屋にはものすごい量の布があった。。
展示以外にもストックの引き出しも部分的に見せてくれるのだけど、
一瞬なんです。。
じっくり見るとかできず。。
翌日も予約したいくらいだったけど、
なんといっても無料の博物館で、ツアーなので、
何度もお願いするのも、、とか思ったり。
一瞬でも、実物を見る事が出来て良かった。と思うようにしました。
(写真は禁止なので画像はなく、、)

でも日本語の解説はありがたかったです。
天野博物館はチャンカイ文化を集めているのだけど、
顔の赤いチャンカイ人形というのがあります。
解説を聞いて、ギョッとしてしまいました。。
赤い顔は死者を現していること、
ミイラと一緒に埋葬していた副葬品とのこと。

実は、私、オリャンタイタンボで、人形を買っていたのです。
いかにもなお土産やさんで買ったのだけど、たくさんのお店にありました。
どれもお母さんが赤ちゃんを抱いているようなもので、
それか、子供が並んで寝ているようなものでした。
この人形の説明を求めても、「特に無い」という感じ。
買ったお店の人は少し英語がわかるので、説明を求めたら、
家に飾るものだという。(首紐がついていて、ぶら下げて売っていた)
「こどもの健康を祈ったとか?」と聞くとそうではないと。
「何か悪い意味はあるの?」と聞くと、
「大丈夫、お守りのようなものだ。チャンカイの。古いよ。」と。。

でも博物館の方も「赤い顔じゃなければ違うんじゃないか」
と言われていたので、ちょっとほっとしました。

購入する時に、そういう気もしないでもなくて、すごく迷ったのだけど、
布がとにかく魅力的だった。
それに、観光地のあちこちで見たし、価格もすごく安いから、
そんな訳が無いような気がして。。

それでね、こちらに戻ってから、調べましたよ!
2件くらいしか見つからなかったけど
(しかも1件は以前も紹介したコチラの方でした!さすが。。)
リプロダクト品のようです。
布は古いもののようだけど、出所はわかわらない。
それを使って、おみやげ用に人形に仕立てたもののようです。

IMG_0745.jpg
顔は新しく刺繍したの?と聞いたら、そうだ、と言っていました。
でも、よくよく見てみれば、布を合わせて止めてある糸が、
現代の糸だった。

そして人形も洗った。^^;
IMG_8341.jpg
配色が私の好きな青と茶色。。

IMG_8342.jpg

IMG_0743_20121114150452.jpg
そしてベールは、もじり織り。。

この人形シリーズ、配色のセンスがどれもよくて、
もし、これが怖いものじゃないとわかっていたら、、
でも布が出土品の一部ということは・・・。ふむ。。。
でもそんなに安く売るほどあるのだろうか?
古く見せるために加工しているとこもあるのかも。
これもまた、本当のところはわからない。

IMG_8139.jpg

天野博物館のあと、海を見に行きました。
そこも徒歩圏内なので。
博物館、期待していただけに満足出来なかった思いと、
疲れもあって、ぼーっと海を眺めるばかり。

でも、ちょうど日が暮れる頃で、
気持ちが洗われてくるようでした。
ペルー最後の夜にこんなすごいプレゼントをもらえるなんて。。

IMG_0361.jpg

IMG_0375.jpg

IMG_0374_20121114162942.jpg

海からホテルはとても近く、
ホテルの前にはおいしいパン屋さんがありました。
お昼を食べ過ぎたので、夜はホテルで。
無料の珈琲、紅茶のサービスがあり、
そこにいると、他のお客さんともコミュニケーションが取れて、
なんだか楽しい夜になりました。

IMG_8146.jpg
パッケージもかわいいです。

IMG_8147.jpg
中にひき肉などが入っているもの。

IMG_8148.jpg
メロンパン好きとしては、選ばずにいられない。。
しかもかわいい。。
味はレモン味だったけど、ビスケット生地とふんわりパンで、
おいしかったです。

地元の人たちで賑わっているパン屋さんで、
若くかわいい女の子たちがテキパキ働いている。

でも、入り口には観光ポリスが立っています。
そしてレジは、チケットカウンターのように、
お金を渡す所だけが開いていて、
あとは透明のアクリル板ようなものに囲まれていました。
クスコから、まるで別の国に来たような気分でした。


さて。最終日は“人類学歴史学考古学博物館”へ。
写真もOKなので、じっくり楽しみました。

Comment

非公開コメント

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

アヤ

Author:アヤ
大きな木のもとで、
ロップイヤーのたんぽぽと、
ボーダーコリーのフィン、
2人と2匹で暮らしています。

たんぽぽ(ロップイヤー)2007/1/4 生まれ

フィン(ボーダーコリー)2009/6/3 生まれ

アズー(ブルーボタン) 2014/11/21生まれ

リンク

Flashカレンダー

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。