スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリャンタ〜ワイナピチュへ 

2012.11.07 12:38|旅 染織の旅 ペルー
マチュピチュ記事はスルーしようと思ったけれど、
友人から送られた自分の写っている写真をみたら、
あまりの自然な笑顔に、書く気力が涌いてきました。(笑)
私は写真が苦手で、なかなか自然に笑えないのだけど、
ほんとうに楽しかったんだね、、と思い。。(苦笑)

それと、旅から戻って10日も経つのに、まだ胸がいっぱいで、
消化不良状態です。体調はまだ疲れ果てています。
心の整理のためにも書かねばならぬ、という感じです。

・・・

早朝のオリャンタイタンボ駅
オリャンタイタンボ(2700m)から列車で
マチュピチュ村(2000m)へ一時間半。
(意外なことにマチュピチュは低いんです)

IMG_7925.jpg
駅の入り口。まだ開いてませんでした。

私たちは並ばずに乗ったけれど、
並んでいると、売り子さんがやってくるのね。
IMG_7929.jpg

時折、こんな景色を見ながら、
IMG_9713.jpg

行きはインカレールで。
席がBox型なので、自然と交流。
お向かいさんはコスタリカから。
通路を挟んで向こうはフランスから。
雪山のことを、モンターニャ デ ニエベ と教わる。
コカ茶のことを、マテ デ コカ と教わる。
(日本でコカ茶のことをマテ茶というけれど、それは、お茶のお茶、という感じ?)

スペイン語講座を受けている間に、マチュピチュ村に到着。
第一印象
「日本の温泉街みたい・・・」^^;
IMG_7934.jpg
マチュピチュ村は、以前の名前は、アグアス カリエンテス村 (温泉)でした。
(公共温泉があるようだけど、とってもぬるいとのことなので、入らず)

ホテルにチェックインし、大きな荷物を置いて、マチュピチュ行きのバス停へ。
ここから30分。
マチュピチュの奥にあるワイナピチュも予約してあり(入場制限有り)、
私たちの入場時間10時−11時なので、マチュピチュをざっと通り過ぎて^^;、
ワイナピチュの入り口へ向う。。

IMG_9736.jpg
お=、マチュピチュ〜!と思いつつも、入り口付近は団体さんも多いので、
とにかく、この後ろに写っている三角山(ワイナピチュ)を目指す。。

IMG_9739.jpg
へ〜!と思いつつ、入り口を目指す。。
案内が無いんだな、これが。^^;
仕方ないので、地球の歩き方の地図を出す。
(最初から見ればいいのにね、、)

DSC01742.jpg
この道を行けば、ワイナピチュ!(笑)
雨が降る前に登りたいね!と、マチュピチュは駆け足。。
そして10時半にはワイナピチュ入り口に着き、
名前や連絡先などを記入、パスポートチェックも。

IMG_9793.jpg

ワイナピチュは、展望を観るためだけのものと思っていて、
おまけ程度に考えていたのだけど、行って良かった。。
石と草好きには、たまらない道でした!
でも道のりは、1時間半で250m登るだけというけれど、
なかなかの急勾配!

IMG_9807.jpg

IMG_9817.jpg

写真に撮ったところは、まだ余裕のあるところ。。(笑)
入場制限に納得でした。第一は遺跡保護のためだろうけど、
この道の狭さ、急さ、人数が多かったら、かなり危ないかも。。

ちなみに、マチュピチュ遺跡は2400mくらいとクスコよりもグンと低いので、
高山病はまったく大丈夫でした。

つづく。

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

アヤ

Author:アヤ
大きな木のもとで、
ロップイヤーのたんぽぽと、
ボーダーコリーのフィン、
2人と2匹で暮らしています。

たんぽぽ(ロップイヤー)2007/1/4 生まれ

フィン(ボーダーコリー)2009/6/3 生まれ

アズー(ブルーボタン) 2014/11/21生まれ

リンク

Flashカレンダー

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。