スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.09 05:34|旧 日々の暮らし
あと数日。。
日々、過密スケジュールとなってきました。
バッグの修理や、「買っておくもの」の買い物とか、
ギャラリーへ行ったり、
お墓参りや、親戚のお見舞いなども。。

今日は、来客。
もともとはお客さんだったのだけど、もう10年ほどの知り合いで、
今は、年上の友人、と呼ばせて頂きます!(笑)
布話に花が咲き、貴重なお話をいろいろ聞き、
しかも茶器を持参して下さって、烏龍茶の入れ方まで教えて下さいました!
(お湯が沸くまでの間、ダンス付きだったりする。。ばらしちゃった。)

最近、フレーバー付きの紅茶がすごく多いけれど、
これは葉っぱだけで、まるで花のような香り。。
小さな器が2つあって、
最初のに注いだら、それをすぐに別の小さな器に移して、
その最初の器に残った香りをまず楽しむという。。
こういう繊細な香りを楽しむ、、嗅覚が喜んでいるようです。
なんて優雅な時間。。
アメリカに戻ったら、ワークショップに参加してみようかな。
絶対、あるはず!

そしてっ!!!
麻に詳しいAさん。
古布を持参して下さいました。。
もうね、布に触れた時に、指先が喜んでました。
見ずに指先だけで、うっとりする。。

DSC03856.jpg

DSC03861.jpg
左側のクロス紋はとてもかわいい。
でも右側の生地に、とても惹かれるものがありました。

DSC03867.jpg

庶民の着物であった布。。
まだ、紡績糸も無い時代、
日本中がこういう手仕事の布を纏っていた光景を想像して、、
思わずためいきが出る。
日本に限らず欧米もだけど、昔と今、すっかり別の国かのような変貌ぶりですよね。
かといって、着物を来て暮らそう、というわけではなく、
ただ、大量消費して、豊かだと錯覚して、
実は貧相な暮らしをしている、、ということにならないようにしたい、
と思いました。。

30倍ルーぺで繊維を見させて頂きました。
手触りの違うところは、ルーペで見ると、繊維も別物!
草の繊維ならでは透明感があって、つややかで・・・。
ものすごく細い糸も、績んだところはしっかりと捩って見えてね。。
おもしろかった。

それでウールを見てみると、また別世界。
ウールは空気を含んで紡ぐので、繊維がにぎやかで、立体の世界でした。

・・・

竹の白染めの、䅈泉寺 由子 さんの布も!

DSC03849.jpg

DSC03847.jpg
この画像のほうが、地の白と染めの白がわかりやすいですね。

Aさんのブログで、コチラに詳しく書かれてあります。

・・・

「帰国したら、いい布たくさん見たい」と思っていたけれど、
結局、能装束しか見られていなかったので、心残りがありました。
でも、家にいて、たくさん持参して下さったオタカラを1点1点、
全て触って、ルーペで見ることが出来て、大大大満足!
もう、「ごちそうさまでした!」と言ってしまいましたよ。

Aさん、はるばる、ありがとうございました!!

Comment

非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

アヤ

Author:アヤ
大きな木のもとで、
ロップイヤーのたんぽぽと、
ボーダーコリーのフィン、
2人と2匹で暮らしています。

たんぽぽ(ロップイヤー)2007/1/4 生まれ

フィン(ボーダーコリー)2009/6/3 生まれ

アズー(ブルーボタン) 2014/11/21生まれ

リンク

Flashカレンダー

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。