スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩き方。

2012.02.12 15:10|SFbay 犬
ワンコのトレーニング的なことは、書かなかろう、と思っていたのだけど、
メモがてら、ちょっと書いちゃおう。

IMG_3655.jpg
(画像;ローズマリーが咲き誇っています)

フィンのお散歩は、基本的に私の前を歩いています。
ここが町中ではなく、緑の遊歩道も多いので、
リードを引っ張らなければ、それで良し!としていました。

でもこの頃は引きやすくなっていたし、やはり、興奮させない、という意味で、
私の横にいさせたほうが良いと思うように。
それと、
フィンは新しい道や場所に行くと、興奮状態になってしまいます。
・・・良く言えば、感受性が強い。悪く言えば、器が小さい。^^;;
興味と怖さもあり、はぁはぁ、イケイケになってしまうのです。
そして、新しい場所というのは、だいたい、人がいるところなわけで。。
普段でも人の横を歩いていないのに、
そんな時に横を歩きなさいと言っても聞くわけないよね。。

でもね、問題がひとつ。。
フィンは「ヒール」(脚側にぴたりとついて歩くこと)ができます。
良さそうでしょ?でもね、
フィンはそれをひとつの「ゲーム」として捉えています。
原っぱでフリーにして、私が普通に歩くほかに、
ちょこちょこ歩き、大股歩き、急カーブ、すべてピッタリくっついて歩けます。
私を凝視して、私の動きを読むように、ピタリとくっついて、
それでオヤツをもらえるという『ゲーム』なのです。

なので普通のお散歩時にするものとは、思っていないようです。^^;
というより、まぁ、私がたいして真剣に求めていなかったというのもあるんですけど。

フィンのお散歩なんだから、
ピッタリ足にくっついていないで、楽しめばいい、という気持ちは、今も強くあります。
なので、、ヒールみたいに、バリバリのアイコンタクトで、
こちらを凝視するのではなく、
お互い(笑)キョロキョロして景色や匂いを楽しみつつ、
ただ歩調を合わせて歩けないか。。を目標としてみました。

IMG_3683.jpg
(画像;花の写真を撮っていたら、自らそこで休憩 !! 暑かったから木陰で休みたかっただけなんだけどね。)

今までは、リードがピンと張ったら立ち止まって、
「引っ張ったら歩かないよ」は伝えていて、それも最初は良かったのだけど、
それがいつのまにか、
「おかーさんが立ち止まったら、一瞬、おかーさんの元に戻れば、また歩いてくれる」
と、解釈するようになってしまいました。。ヨーヨー状態です。^^;;

なので、新しくルールを作ることにしました。
今までの「引っ張らないで。ゆっくり。」は使わない。
「ヒール」も意味が違うので使わない。
今度はすでに意味のわかっている「Back。下がれ。(命令声じゃなくて穏やかな声で)」
と、Back,Backのハンドサイン。
手は見ますね~。
やはりワンコは体の動きを言語以上に理解しますね。

顔は前を見ていても、どこかに私を意識している気配がある時は、
歩調を合わせるのがわかる。。
こういう時に、褒めるんだけど、
過剰に褒めると、テンションが上がるタイプなので(^^;
静かな声で、褒めて、今はおやつをあげている。
けど、これは加減が難しくて、そのうち、引いていかないと、、、
「こうやって歩けば、おやつがもらえる」と理解して、
おやつが欲しい時にやるようになる。。^^;;(経験談)
そうじゃなくて、これが普通のこと、というところに持っていきたいので、
おやつをもらうことを目的にしないことが重要な気がしています。

今、かなりいい具合に来ています。。でもここで、
勘違いさせて急転換しないように気をつけなくちゃ!

原っぱや芝生のある遊歩道では、相変わらず、3mリードをコントロールしながら、
行動範囲を広げて歩いているので、
今はなるべく、住宅街の狭い歩道もたくさん歩くようにして、
ここでしっかり定着させたいところです。

IMG_3662.jpg
(フリスビーは5投まで。ヨロシク!byフィン)

・・・

この間はすごく久しぶりにルルちゃんに会いました。

IMG_3564.jpg

追いかけっこをしながら、遠くまで走っていって、
でも時々、私を見ていました。

IMG_3567.jpg

IMG_3566.jpg

ルルちゃんに夢中になりつつ、なんども私を確認していました。
フィンは最近、本当に私の顔をよく見るようになりました。
たんぽぽが来てから、フィンはどうしたらいいか、本当によく聞いてきます。
今が何か教えるタイミングのような気がしています。

ルルちゃんとの動画。
わかりにくいけど、これも最初にこちらを見ています。
そして、、ルルちゃんのこういう突発的な動きが、フィンを刺激するよねぇ。
大好きな動きだ。
ルルちゃんは、わかっているんだろうね。
こういう動きをすると、相手が反応して追いかけてくれるということを。



ルルちゃんは他のコとも遊ぶけど、追いかけるのをやはり見たことがない。
いつも「追いかけてごらん♪」だ。
それだと、大きな体でも相手を怖がらせずに遊びに誘えることをわかっているんだろうな。^^
それと、追いつかれずに逃げ切れることも楽しいんだろうね。
追いつかれそうになると、えぇーーー!?って顔するもん。^^;
フィンは接触しないように、ちゃんとスピードを落とすけどね。
こういうのが、平和な「遊び」のルールってことなのかな。^^

充実の追いかけっこの後は、「帰ろっか。」と言っても、
普通に「うん!」とスタコラ公園の出口に向います。
まだ原っぱにルルちゃんがいてもね。

おもしろいです。^^


Comment

う~ん、深いですね。
猫とは根本的に違いますね。

あぁ、huiziさん、読んでくれたんだ!(笑)
メンドクサイやつなんですよ。。^^
うさぎは猫寄りですね~。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

アヤ

Author:アヤ
大きな木のもとで、
ロップイヤーのたんぽぽと、
ボーダーコリーのフィン、
2人と2匹で暮らしています。

たんぽぽ(ロップイヤー)2007/1/4 生まれ

フィン(ボーダーコリー)2009/6/3 生まれ

アズー(ブルーボタン) 2014/11/21生まれ

リンク

Flashカレンダー

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。