スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土のう物語 続編。

2008.05.24 20:54|旧 庭関連
昨日までの状態。
一日目。


ここは、以前ボイラー室があったところ。
それを外したので、絶壁になってしまっていたのです。

今日はここまで。
二日目。

土のうって、本当に重い!なので、作業しても2時間が限度。
実は、オットから、一人で作業は禁止令が発令されていたのですが、、
(体力より気力が勝っているのがいつも問題、、)
でも、プロがいるしね!
それに、ゆっくり力を入れないようにやってみましたよ。
たとえば、高いところに載せるのは大変なので、
一気に上まで持ち上げず、土のうでステップを作って載せるようにしたり。
非力だけど、なんとかなるもんだ。
それに道具って、力を入れないで使えるようになっているんですねぇ、、

でもこれ以上はさすがに無理。
来週は、いよいよ義父に助っ人コールをしてみようと思っています。(お父さんヨロシク!)
えぐれている天井に届くまで、土のうを入れちゃうのです。
そうすると、上の梅の根が安心して暮らせるようになります。
上のほうは叩き込みが全然できないので、
「ユンボで押しといてやるよ!」とのこと。ありがたや~。
でも、押されたら、またペチャンコになるんだろうねぇ。。^^;

造成やさんは、着々とお仕事を進めてくれています。
H鋼とは、こういうものです。
H構

ちょっと味気ないかもしれませんが、
これが守ってくれるわけです。
ただ棒に板を差し込むだけ、、でなく、背後の隙間に土を叩き込んだり、
いろいろ手を加えながら、慎重に作業が進んでいきます。。

途中、造成やさんに呼ばれて、
「土、見ておきなよ~」と。
実は下のほうで地層が変っていて、砂岩が現れていました。
岩になる前の土、という感じ。
このラインで砂岩があるので、下のおじいさんの壁面からは水が出ないということらしい。
なので、土地としては丈夫なのだけど、
この砂岩と普通の土との間に、水の道が出来てしまうわけです。。

一ヵ所、湧き水のように染み出していました。
これもこの間の雨の水だろう、とのこと。
水路…。

ちょっと、やっかいですね。
・・・湿地好きな植物でも植えようかしら。^^
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

アヤ

Author:アヤ
大きな木のもとで、
ロップイヤーのたんぽぽと、
ボーダーコリーのフィン、
2人と2匹で暮らしています。

たんぽぽ(ロップイヤー)2007/1/4 生まれ

フィン(ボーダーコリー)2009/6/3 生まれ

アズー(ブルーボタン) 2014/11/21生まれ

リンク

Flashカレンダー

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。