スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ulistac Natural area

2011.09.16 15:25|SFbay 犬
前回の汚水処理場、2度目は、
前回と違う道を歩いたら、悪臭が、、、
最初の時は全く臭わなかったのに。。
ここが紛れも無く「汚水処理場」であることがわかりました。

なので水場を離れて、丘を歩くことに。

IMG_0995_20110917060122.jpg
てっぺんからの景色。
草地には入ってはいけないので、ここからパチリ。
木ばかりに見えるけど、住宅地で、この中に私たちの家がある。
木が家よりも高ければ、景観はごちゃごちゃしなくていいよね。。

IMG_0997.jpg
汚水処理場の先は、Bay。サンフランシスコ湾。
よって、居住地は「サンフランシスコベイエリア」でございます。。

IMG_0989.jpg
園芸品種の植物は世界共通だけど、野草はやっぱり、全然違うからおもしろい。
知らないコばっかりだ。^^



・・・



家の近くに、こんな風に他にも何かあるはずだよな~と思って調べてみたら。。
川沿いに発見。
Ulistac Natural area へ行ってきました。

IMG_1042.jpg

IMG_1040.jpg

"Ulistac"なんて英語じゃないよなー、と思って調べたら、
やはりインディアンOhlone族の言葉でした。→コチラのサイト
"tac" is place, Uli's place つまり、 Uli首長の場所、ということらしいです。

Tahoeもそうだけど、水がある美しいところには、たいがい先住民族の歴史があるんですよね。
インディアンのことも、イメージだけじゃなくて、もっとちゃんと勉強してみたいな。。

・・・ちなみに。
「ネイティブアメリカン」と言うほうが良いようなイメージがありますが、
アメリカに生まれ育つ人は皆「ネイティブアメリカン」だし、
今は差別的な意味も無いように感じます。
よくインディアンと、普通に書かれているし。なので私もそうすることに。・・・

さて。前置きが長くなりました。

目立った駐車場もなくて、なんとなく向かいにある普通の公園に車を止めて。。

IMG_1002.jpg
おぉ、良い感じ!ナチュラルじゃないの~!
はいはい♪ちゃんとトレイルだけを歩きますよ~♪

IMG_1004_20110917063701.jpg
Acorns.(どんぐり/エイコーン)
日本のよく見かける椎の実よりも、2周りほど大きいです。
(日本の我が家はドングリランドなので、今頃、家もきっと。。と一瞬、郷愁。笑)

IMG_1006.jpg
フィン君も期待でイケイケです!(ゆっくり~~!汗)

が、しかし!

IMG_1011.jpg

ポロっと出ちゃったよ、かんかん照りの土手へ。。

でも、川に生えるモリモリの植物たちに見とれながら、ずんずん歩いていったら、
橋があって。。
渡っちゃって。。

IMG_1014.jpg
折り返しても、またまた砂利道路(車が通れるようになっている)。。む。
砂利道って、そういえば英語でなんていうんだろ?
検索・・gravel でした。

IMG_1017.jpg
水はきれいじゃないけど、水のある景色に、とても惹かれる。
ホントにね、このカラカラの乾期って、
水の国ジャパンから来た人間には異常事態なんですよ!
と、私の本能が訴えています。(笑)

IMG_1018.jpg
こういう込み入った植物の景色にほっとする。。

でも、いささかカンカンデリの砂利道がきつくなってきた。
・・・橋は、この先あるんだろうか?戻ったほうがいいんだろうか?

と、キョロキョロしていたら、ちょうど大型マッチョ犬を連れた女性二人組が!
でもマッチョ犬ちゃんがフリーだったので、近づいていいものかわからず、
とりあえず距離をとってみる。
土手の上下と距離が取れたところで、
「すみませ~ん!この先に橋はありますかぁ?」
「イエス!アッチとコッチに。」「どちらが近いですか?」
来たほうの橋のほうが近いと教えてくれたけど、フィンはマッチョ犬に近づきたがって。。
結局、フィンのリーシュを外して、ちょっと交流させてもらいました。
正面から身を低くして、恐る恐る近づいて、お尻に回ってクンクン。。
でもマッチョ君がフィンを嗅ごうとすると、
「嫌だよ!君、怖いもん!ワン!」^^;;;

それからまたテクテクと砂利道を歩き、ようやく橋を渡りUターンし、
反対側の砂利道を行こうとしたら、、フィン、躊躇。
「暑さ限界、、」とばかりに、ベンチの下に頭を入れて休憩。
仕方ない、ワタシで日陰を作ってあげて休憩。
「おかーさん、お水はないの?」と見つめる。。
「ごめん、忘れたの、、もう少しで車のあるところだから、頑張れる?」と言うと、
「うん!ぼくあるけるよ!」とばかりにスク!と立ち上がる。
ホントに、君はワンコだろか、、、^^;

それからすぐに、ナチュラルエリアの小道がありました!

IMG_1022.jpg
Let's go in the shade♪

IMG_1025.jpg

はぁ、日陰♪... lovely shade...sigh...

IMG_1027.jpg

IMG_1030.jpg

IMG_1033.jpg

IMG_1038.jpg
次回は、こういう小道ばかりを歩きたいです。(笑;)

帰宅すると、隣家にちょうどオーナーの女性の方が。
明日から新しいお隣さんがきますから~と。
そう、中国の方、オーナーだったんです。あなたが引っ越してくるのかと思ってた!と言ったら、
なんと、貸し家を4つも持っているそうです。。
やり手です。。
どう?ここの生活は楽しい?から始まって、しばしおしゃべり。
うん、前回よりも、私ちゃんと話せてる!(笑)

フィンも疲れているせいか、二人の間に伏せて大人しくていました。
「疲れた犬はイイコ」です。^^

・・・

スペシャル散歩をするのは、私自身が同じ道に飽きたというのもあるのだけど、
やはり、半日留守にする分の後ろめたさからのサービスです。

私が一日家にいても、別にベタベタするわけじゃなくて、
離れたところで寝ているだけなんだけど、
やはり、家族が家にいるのといないのとでは違うんですねぇ、、
いつもはやらないのに、
木製の洗濯バサミを齧ったり、ビーサンを齧ったり、、
不満を表現しておりました。^^;

今まで、日本でも家で仕事していたんだから、
誰もいなくなる、という時間がほとんどなかったからね。

慣れてもらうことと同時に、、一緒にいる時間はたっぷり濃くね!!^^

Comment

非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

アヤ

Author:アヤ
大きな木のもとで、
ロップイヤーのたんぽぽと、
ボーダーコリーのフィン、
2人と2匹で暮らしています。

たんぽぽ(ロップイヤー)2007/1/4 生まれ

フィン(ボーダーコリー)2009/6/3 生まれ

アズー(ブルーボタン) 2014/11/21生まれ

リンク

Flashカレンダー

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。