スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての犬連れキャンプ。

2011.09.05 17:09|SFbay 暮らし
初めてのキャンプ、無事に2泊してきました。
気がかりだったフィン君は。。。想像以上に、、イイコでした!

けっきょく、キャンプ場は犬連ればかりだったんです。
「犬連れキャンプ」なんてうたうことも無く、フツーに犬連ればかりでした。(笑)
シェパード、ドーベルマン、プードル、ポメラニアン、、マッチョ系、、なんでもかんでも!

夜に吠え声が聞こえることはなかったけれど、
昼間は、お散歩中に、自分のサイトに近づくようなら、
普通に警戒吠えするコばかりでした。

だから、むやみに近づけようとする人もいないし。
とても過ごしやすかったです。

さて。
目指すキャンプ場は、片道4時間弱。
サクラメントを通り過ぎて、Lake Tahoe を目指します。

IMG_7218_20110906074222.jpg
途中、山火事で全焼したような森がありました。
高い木は黒焦げになりつつ、かろうじて残っているくらい。
次世代の小さな木たちが生い茂っています。

IMG_7231.jpg
Tahoe湖は、とても大きな湖です。
湖の名前、インディアン語ぽいなぁ、と思ったら、
やはり先住民族ワショー族の言葉で「大きな湖」という意味らしいです。

今は、リゾート別荘地か、キャンプ場という感じでしょうか。
写真を撮ったところは、景勝スポットというか。。人がたくさん。。
ワタシたちのタホ見学はこれでおしまい。(笑)

ちょっと魅惑な木彫りが乱立しているおみやげやさんも通り過ぎ、
タホ湖を過ぎ(笑)、タホから流れているTruckee川を上り、
Truckee町寄りにある、Granite Flat というキャンプ場へ行きました。

タホ湖近くのキャンプ場は3連休では予約が取れなかったのと、
それに湖のビーチには犬は入れない、と書いてあるところが多かったので、
普通の川を目指しました。

IMG_7263.jpg

キャンプ場内は、縦長で65サイトあるのだけど、
隣とは、ちょうど木でうっすら隠れるようになっていました。
区切りは、不規則な形の石が、でも区切りと分かるように置かれていたり。

IMG_7268.jpg
2日目、起きるともう、お隣さんは撤退していました。ラッキー!
お隣さん側から、すぐ川に降りられるところがあるのです。
夜にはまた、次の人が来たのだけど、昼間は使い放題でした。

IMG_7251.jpg
キャンプの勝手がよくわからないので、とりあえず、
洗い物の少ない串焼き。
もちろん、フィン君も。匂いだけ、なわけはありません。^^

IMG_7277.jpg
翌日も、お肉が解凍してきちゃったので、
昼からバーベキューとなりました。^^;

食事、次回はちょっと考えないといけないところ。。

ここ、水道はありました。
Potable Waterと書いてあったので、ボトルの水をもらう感じかと思ったら、
飲める水道がありました。ただ、洗ったりとかはできないのです。
それぞれの持ち場に汲んでいって使うという感じ。
地面にこぼすわけだから、洗剤なんかもちろん、使う気もしないし、
それに、クマさん対策から、匂いのするものをこぼすのも。。
だから、使い捨ての紙皿とか紙コップが必要になるのかなぁ。。
(クマ対策の厳重で巨大なゴミ箱はある)
今回は、紙で拭き取り、火あぶり消毒をして使い回しました。

まぁ、大きな道路脇だし、とてもクマが出るような気もしないのだけど、
食料は車両の中か、木に吊るして、寝床には置かないように!
の、注意書きがあるので。。

IMG_7450.jpg

キャンプ場は、住んでいるところよりも、標高も、気温も高く。^^;
でも、川はとてもきれいで、ほどほど浅瀬もあり、
のんびりするには、なかなか良い場所でした。

ただ。
道路が近いので、テントで寝ていると、車の音が家にいるより、良く聞こえます・・・。
それが何より、残念。
でも、深夜や明け方かな?車の音がほとんどなくなると、川の音ばかりになって、
久しぶりに聞く、水の音でした。
まるで雨が降っているみたいに感じて。。

やはり「乾期」というものに慣れませんね。
2ヶ月も雨なし。これから2ヶ月も雨なし!
目の前の、透き通った水は、やはり心に沁み入りますです。。

・・・
・・・

キャンプ事情。

キャンプといえば、気になるのは衛生面。。
シャワー無しはともなく、
トイレが水洗ではないところが気になるところでしたが、
でも、清潔な感じで、臭いもなし。
全然問題なかったです。
何もないところだけど、ちゃんと管理人さんがいました。

そしてそして。
三連休ということで予約が全然とれなかったけれど、
実際は、予約済みの札がかかったまま、誰も来ないサイトがいくつもありました。
どこも当日受付があるけれど、それでもなんとかなりそうです。
ただ、我が家は犬連れだったので、場所探しに時間をかけたくなかったので、
予約にこだわりましたが。。

それと、犬がいるために、テント同士の間隔がとれるようにと、
車が横付けできるサイトを探しましたが、
テントだけのサイトでも、広さは同じくらいに広かった。
ちゃんと、ピクニックテーブルと火を起こすファイヤーリングがあったし。

なるほどなるほど、こういうものなのか~、とキャンプ場の勝手が、
なんとなくわかってきました。
いろんなタイプのところがあるだろうけど、簡素タイプでも快適なのはわかりました。(笑)

ひとつ、自由を手にいれた感じです。
ワンコ連れだと、ホテル泊はどうも億劫になってしまいますが、
キャンプなら、犬連れの人ばかりだから、
気軽に車で遠出することもできそうです。

さぁ、次は、犬バカ親バカ写真満載でいきまーす!

Comment

おかえりーっ

アヤちゃんおかえりー
初キャンプの様子楽しく見させてもらいました。
日本のキャンプ場しか知らない私には
スケール感の違いにびっくりじゃよ!!(笑)
これは病みつきになりそうね!^^
フィンが本当に良い顔してるなぁー
さ、この後はラブっ子をのぞいてお犬様三昧の徘徊終了します(笑)

midoriさーん。

お犬さま巡りをしていましたか。(笑) 
ラブッ子たち、私も見に行っちゃったよー!!数日でワンコらしくなった!!
ミルクでおなかパンパン♪幸せパンパン♪^^*

日本のキャンプ事情を全く知らないのだけど、やはりそんなに違うのか。。
ナチュラルに見えるけど、すごくしっかり、管理されている感じです。
車が通るところはアスファルトだし。
でも逆にいえば、それ以外は通っていけない、というのがわかりやすかったよ。
草原もね、ちゃんと区切られていました。

キャンプ場のガイドには、犬に対するルールもちゃんと書いてあるので、安心して探せるよー。
アメリカで慣らして、狭くなった日本でも対応できるようにしておきたいです。(笑)

良い顔してる?^^
なんか一生懸命、考えてたよー。(笑)
その度に「これがキャンプというものだよ。^^」と解説しておりました。
登山じゃないから、ハードな運動もないし、体力はあまり使わないけれど、
好奇心で頭を使って疲れるんだな、という感じでした。(笑)


非公開コメント

| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

アヤ

Author:アヤ
大きな木のもとで、
ロップイヤーのたんぽぽと、
ボーダーコリーのフィン、
2人と2匹で暮らしています。

たんぽぽ(ロップイヤー)2007/1/4 生まれ

フィン(ボーダーコリー)2009/6/3 生まれ

アズー(ブルーボタン) 2014/11/21生まれ

リンク

Flashカレンダー

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。