スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッチャラです。

2011.05.12 22:08|SFbay 犬
フィンは、今までと全く変わりなくです。
他の犬への興味は衰えず、
黄ラブ黒ラブちゃんが後ろからジョギングで連れられてきても、
騒ぎもせず。

フィンは弱っちい、と思っていたけれど、
トラウマになったらどうしよう?なーんて考えるほど、弱っちくはなかった。
見くびっていましたね、ゴメンナサイ。^^;
「かわいそうに!」という反応を示さなかったのは、本当によかったと思う。
それだけで、一気に悪循環に落ちるからね・・・。

他の犬の中にいると、
フィンがつくづくコドモっぽい甘ったれちゃんだということがわかる。。

飼い主に挑戦してくるのは、決してαな犬だからではなく、
逆に、ビビリで些細なことにもドキドキ興奮してしまう姿と、甘えん坊な性格に、
「大丈夫だよ~。安心してね。。」
と、愛情を注ぐばかりになっていたのがいけなかったと痛感します!
フィンのほうが、冷静に人を観察していて、ずっとウワテだったわけです。^^;

Don't be fooled by his cute face!
(かわいい顔にごまかされちゃだめ!)

犬のムック本を見ていてたら、ちょうど書いてあって、ププ。。
まぁ、笑えるようになって、良かったヨ。

・・・

ドッグパークへ行ってから、すれ違う人への過反応がなくなってきた。
人のチェックも後ろからこっそりよくやっていたからね。^^;
ドッグパークにいる人は相手にしないからいいです。滅多に撫でないので助かります。。
人が特に自分に注目しないことも、そこに普通にいるだけ、というのもわかってきたみたい。
(今まで、自意識過剰だったからね、、)

公園で時々会うおじさんにも、今まではボディガードのような態度だったのに、
シッポを振り。。ゆっくり立ち話が出来ました。
「日本人の夫婦は亭主関白なんでしょ?帰ったら、ギブミー酒!とか言ってさ。奥さんはハイ・・ハイ・・ってさ。ニヤニヤ。」
と、おじさん、からかいモード。笑

公園では、なかなか女の人と会話することはないのだけど、
(ジョギング中とか、小さな子を連れているとか、よく吠える小型犬を連れているとか、、)
以前、小さいコを連れたお母さんが近づいてきて。。
白人系の明らかにアメリカ人だったので、
流暢な日本語が出てきた時はキョトーンとしてしまいました。

その親子にも最初は激吠えだったのに、この間は
「コンニチハ~!」と遠くから声が聞こえたら、
シッポ振って「知ってる人だ~♪」と甘えてました。。
おかげで会話が出来ました!

やっぱり、フィンが普通でいてくれると、広がるなぁ。。
ドッグパークに行ってから、オフリードだとうまくやれる、というのがわかったので、
公園でフリーなコと遊ばせるのも、安心して出来るようになったから、
フィンもトモダチが増えて嬉しそうです。
やっぱり、一番の「刺激」なんだろうね。

さて。
土日は、フィン君と初めての遠出。1泊旅行です。
しかも!ペンションとかバンガローとかキャンプではなく、普通のホテルに。
ドキドキです。。何事もありませんように。。

IMG_6359.jpg

ちょうど良いサイズのクレートは車に積み込んだままにしたので、
飛行機に乗った時のクレートを使ってもらいたいのだけど、
そのままだと、大きすぎるせいかあまり入らない。
なので、大きなベッドをムギュっと入れたら、よく入るようになりました。

IMG_6358.jpg
ふあぁ。。

・・・

実は「たんぽぽ」も海を渡る予定。。まだ先だけどね!

Comment

良かった~

先日の記事を読んで、ちょっと心配だったけど、
フィンくんが、追い詰められたときに、背中を向けてうずくまったら、
みんながさ~っと引いていったってところを読んで、
フィンくんは、きちんと犬語を使ったのかな?って思ってたの。
たぶん、そこでパニクってガウガウしたらダメだけど、
背中を向けて、ちゃんと「止めて!!」って言えたってことだもの。
フィンくんも言葉が通じて、自信を持ったんだね。

アヤさんも、落ち着いて受け止めてあげたことが、
さらにフィンくんを安心させたのね。
以前は、きちんとしたアドバイスを受けれなかったから、
アヤさんも混乱していたけど、
今は、フィンくんにとって、心を安心して預けられる存在ですね。

旅行、楽しんできてくださいね~♪

haijiさま

はい、良かったです~。^^;
追いつめられて背を向けた時、私も、ちゃんと犬語で対応した!!!と思いました。
ガウガウしたらやられるだろう、というのはフィンもちゃんとわかっていたみたいです。

あれから本当に変わらずで、この普通さは何だろう?と思っていたんですけど、
「言葉が通じた自信」というのがあるのかもしれませんね。
あと、自分で落ち着こうとして、立ち直ったこととか。
人がヘタに介入したら、その工程を全部取り上げることになって、
「恐怖」しか残らなかったかもしれない。
フィンが必死で落ち着こうとしている姿を見ていたら、邪魔する気も起きなかったし、
ここで慰めたらウルサイ!って逆ギレするだろうな、って感じもありました。(笑

以前は、私自身も、
ハリネズミやうさぎを飼う感覚の延長のままだったのかな、と思います。
観察して与えてあげる。。脅かさないように気をつけて、愛情を注ぐだけ。
ワンコにそれじゃぁねぇ、、^^;
「弱い動物」じゃなくて「賢い動物」なのに。

トレーナーさんの指針はそれぞれで、その一つだけが絶対ではないですもんね。
目の前の現実から目を反らし、その通りに従っていれば良くなる、
と信じた自分が愚かだったと思います。
ま、わからないから通ったわけですが、、初心者には難しいところです。。
トレーナーさん頼みな気持ちでいる以上、犬にとっては頼りない飼い主だし、
一つの方法にこだわっていると盲目になる部分も生まれるし、
目の前の犬を見ていないことになったり。。
取捨選択できる力を、飼い主もつけないとダメですね。(鶏と卵みたいだけど)

今、フィンから感じることから行動して、良くなったりすると、
私も自信になるし、何より会話が楽しいし!もっと会話がしたくなります。^^

旅行、楽しんできますね~。
ドキドキしていると、それも通じちゃいますもんね!^^;
イイコで当然♪で行ってきます!
非公開コメント

| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

アヤ

Author:アヤ
大きな木のもとで、
ロップイヤーのたんぽぽと、
ボーダーコリーのフィン、
2人と2匹で暮らしています。

たんぽぽ(ロップイヤー)2007/1/4 生まれ

フィン(ボーダーコリー)2009/6/3 生まれ

アズー(ブルーボタン) 2014/11/21生まれ

リンク

Flashカレンダー

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。