スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続くカンパーニュ。

2010.04.13 12:10|旧 日々の暮らし
いつ、ホシノに戻ろうかと思いつつ、焼いていたのだけど(笑)、
自家製酵母のパン、4度目にして、ようやくちゃんと焼けました。
発酵の時間とか、加減がわかってきました。
それから、ベンチタイムが必要なのも、なんとなくわかりました。

私は本当に略式で、捏ね台の上で捏ねることもなく、
ボール一つだけでその中で捏ね、発酵させ、ベンチタイム無しで焼いていたのだけど、
台の上で空気を抜き、ベンチタイムもちゃんと取ると、やっぱり違うんですねぇ。(笑)

IMG_2853m.jpg

IMG_2856.jpg
発酵籠なしだと、仮面ライダーみたいだけど。
なんで…?
クープの開き方とか、なんでこんなに違うんだろ?
発酵籠だと水分が吸収されるのかな?なんかパリ!とした表情だ。
(2つ同時に焼いてます)
今回はハカリにだまされて、ライ麦をたっぷり入れてしまいました。
久しぶりに重めのパンで、重めのパンは、
やっぱりトーストではなく蒸かして温めて、モチモチ食べたい。
うん。
もちもちさも、おいしいモチモチさになりました。

・・・

前回から、酸味がちょーっと出てきたのだけど、
焼いて2日も経つと消える…?今は酸味が消えています。

ふむ。
酵母エキスを継がないで、使い切っていく方法のほうが酸味が出なくてやりやすい、
というのは実感できました。
1ヶ月で更新くらいのペースでやっていこうかな?

残ったパン種も合わせて、エキスを起こしていたのだけど、
そのほうが最初よりもパワーがあって、扱いやすくなってきた気がする。
パン種はずーっと継いでいくような感じになるのかな。。
まぁ、適当にやっていこう。(笑)

・・・

私のやっている自家製酵母のやり方は、かなり簡略したものなのではないか、
と、うすうす気づいていたのですが(笑)、深入りはしたくないので、
とりあえず、もう一冊だけ、本を見てみることにしたんです。

「自家製酵母」のパン教室―こんなに簡単だったんだ!マイペースで楽しく続けられる「自家製酵母」のパン教室―こんなに簡単だったんだ!マイペースで楽しく続けられる
(2006/04)
高橋 雅子

商品詳細を見る

(私がテキストにしている「ワンランク上の…」の師匠になるようですね。)

この本をみたら、私のは「前種法」ということが判明。
本当はもっともっと起こしていくのか、、と、
「こんなに簡単だったんだ!」というサブタイトルとは裏腹に、
やはりホシノで、、と背を向けるところでした。
これで簡単というのなら、ルヴァンの本なんて手にしたら、
気軽に焼けなくなりそうだ。(笑)

ルヴァンの天然酵母パンルヴァンの天然酵母パン
(2001/04)
甲田 幹夫

商品詳細を見る

でも、怖いものみたさ(なんだそれ?)で、実はとっても見てみたいのだけど…。(笑)
だって、すごいよ、この表紙。。
パンにも作り手の魂が宿っていますね。

・・・

一度、シナモンロールは焼いてみたものの、
あとはクルミやピールを入れたりするくらいの変化だけで、
ずっと、カンパーニュだけを焼いています。(笑;)
パン作りがしたいというよりも、
一日一度のパン食の分が作れればいいだけなので、
パン作りに夢中になっているようで、なっていないような、、^^;

でも、あとフランスパン系を作れるようになりたいな。
カンパーニュとバゲットが焼ければ、それで大満足です。

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

アヤ

Author:アヤ
大きな木のもとで、
ロップイヤーのたんぽぽと、
ボーダーコリーのフィン、
2人と2匹で暮らしています。

たんぽぽ(ロップイヤー)2007/1/4 生まれ

フィン(ボーダーコリー)2009/6/3 生まれ

アズー(ブルーボタン) 2014/11/21生まれ

リンク

Flashカレンダー

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。