スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土のう物語はつづく…。

2009.06.08 13:56|旧 庭関連
第1章から早一年。。
土のう作りがすっかり馴染んだこの頃…。


第2章

平地を取り戻せ!の巻。

01-1

ユンボ通行のために切り開いた道を埋め戻す作業です。
上の平地に揃えて、土のうを積んでいます。

基礎を掘った時の土を消化するのも兼ね、
歩行通路の修正も兼ね。。

01-2

配管が高く伸びているということは…。
つまり、土のうはもう一列、積むということです。

・・・

昨日はだいぶ上までいきました。
土のうと平地との間は土を入れるのだけど、
これはなんと、オットが出勤前の(ほぼ)日課にしています!
これはホントによくやるわぁ…。
朝から力仕事って…。^^;

02-3


02-1

02-2

麻袋の土のうは、土と接しているところはすぐに腐ります。
一度置いたら、移動不可能!
その代り、草の発芽率は高いようです。
いつの日か、土のうが草で覆われた土手になることを願いつつ…。

・・・

第3章

通路の壁面を守るの巻。

03

もう一か所がココ。
画像ではわかりにくいけれど、
ココも重機通行のためにかなり広がり、
断面の高さは1mくらいある所もあり…。
直角の断面に草は生えにくいし、
雨で削れてしまうので、土のうで補強です。
最初の頃に並べた土のうの表面には、
ヒョコヒョコと草が芽を出しています。

…土のうはともかく。
相変わらず、ここのスロープの光の濃淡は美しいです。

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

アヤ

Author:アヤ
大きな木のもとで、
ロップイヤーのたんぽぽと、
ボーダーコリーのフィン、
2人と2匹で暮らしています。

たんぽぽ(ロップイヤー)2007/1/4 生まれ

フィン(ボーダーコリー)2009/6/3 生まれ

アズー(ブルーボタン) 2014/11/21生まれ

リンク

Flashカレンダー

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。