スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプ場。

2013.06.10 16:16|SFbay 暮らし
セコイア&キングスキャニオン国立公園へ行ってきました。
フィンと一緒に、公園内のキャンプ場"アザレア"で一泊です。

うさぎのぽぽたんは、初の一人留守番です。
家の中をフリーで、お水や牧草やらをたっぷり置いてきました。

おととしにキャンプへ行った時は、まだぽぽたんがこちらに来る前でした。
昨年はひとり置いて行く気もせず、キャンプせずだったけど、
ぽぽたんの逞しさ、男気の強さを見るたびに(笑)、
一泊くらい大丈夫だろう、と子離れした次第であります。。^^;

案の定、とってもイイコに留守番してくれて、
ソファでおしっこするとか、本をかじるとかもなく!(笑)
いつものように平和に過ごしていたようです。
ただ、外へは出られなかったので、
裏庭へは喜んで出ていき、しばらく外食を楽しんでいました。^^

・・・

さてキャンプ。
前回とは異なり公園内。そして予約は無しで先着順。

到着したら好きな場所を探して決めます。
犬がいるので、隣が離れていることをメインに決めました。
草原の前です。
IMG_1499.jpg

こんな草が生えていました。
お椀のような葉っぱです。
IMG_1513.jpg

IMG_1515_20130611082621.jpg

テントがどういう仕組みだったのか、
二人とも完全に忘れていたけど、やりながら思い出しました。^^;
IMG_1496_20130611075705.jpg

これはブラックベア対策で、食べ物を保存しておくところです。
IMG_1511.jpg

サイト使用料の支払いは、
掲示板に備え付けてある黄色い紙にサイトの番号や車の番号などを書き、
料金を入れて、このグレーの柱のようなところへ入れます。
セルフ。。(笑)
IMG_1508.jpg

フィン君、テントで休んでいるおとーさんの護衛でもしているのかと思ったら、、
ちょっとリードが引っかかっていたみたい。^^;
まぁ、外そうと思えば外れるくらいの引っかかりようだったけど。
IMG_1610.jpg

でもこの丸太はお気に入りでした。
IMG_1615_20130611072748.jpg


そして食事編。

私は "どこへ行くか" よりも、
キャンプすることだけで気持ちがいっぱい。。
特に食事をどう準備するか。

まぁ、普通に、バーベキューなんですけど、
"焼き肉のタレ"が食べたいということで、
それを作ったり、五平餅を作ったり、
出発する日のおにぎりや、
キャンプの朝食ようにパンを捏ねておいたり。。
私は前日からもうキャンプは始まっていましたよ。

IMG_1434_20130611065211.jpg

IMG_1436.jpg

IMG_1620_20130611065725.jpg
焼いているところは、全然写真に撮ってなかった。
五平餅のタレを温めていたら、うっかり煮詰めちゃった。^^;

玄米を突いて、塩と小麦粉少々プラスして作ったのだけど、
この間、自宅で手作りお餅を炭火焼したほうがおいしかったです。。
次回はお餅を持っていこうかな?
この画像は家で炭火焼をした時のですが、
外パリ中フワリでとってもおいしかったのです。
IMG_1306.jpg


IMG_1618.jpg
犬のおやつでよく売っているような骨付き肉。。
というか、用量の半分が骨?
これでフィンのおやつも作れる!と思ったのは間違いありません。。

このお肉は
動物福祉を考えて育てられたお肉であると
アピールしてあったので、
私も久しぶりにお肉を食べてみました。
おいしかったです。

IMG_1623_20130611070713.jpg
フィンも夢中!

パンは、
自家製酵母を切らしていたので、イーストを使いました。
ゆっくり発酵して欲しいので、イーストは粉250gに対して1g。
前日に捏ねて冷蔵庫へ。
そして朝、そのままクーラーボックスへ入れて、
夕方にはまぁまぁ膨らんでいる程度。そのままもう一晩。。

翌朝、5時頃にフィンに起こされ、
ついでにパンの様子を見ると
発酵しすぎでピザのようになっていた。

丸め直して、炭火の側で温め1時間。
こんな感じに。
IMG_1653_20130611065728.jpg
(両脇のホイルはミニポテト。昨晩じっくり焼いたので、朝は温めるだけ)

ダッチオーブンがないので、
土鍋でヒートディフューザー(銀色の)を使いました。

IMG_1656_20130611070714.jpg

散歩へ行っている間に、焼けていました。
でも蒸しパン!?みたいな姿・・・。^^;
底はディフューザーがあれど、やはり焦げ易かったので、
アルミホイルを敷いたほうがいいかも。
IMG_1669_20130611065727.jpg

でも中はちゃんとパンでしたよ。^^
IMG_1670.jpg

一応、土鍋でも出来ることはわかりました。

今回はこの炭火コンロを持って行ったので、
普段使ってるお鍋やエスプレッソなどもそのまま使えました。
IMG_1671.jpg

でも、せっかくファイヤーリングもあることだし、
暗い中、火があちこちでボーボーと燃え上がっているのを見ると、
薪で燃やすのもいいな、なんて思ったり。。
そうなると、
やはり遠慮なく使えるダッチオーブンが欲しくなるような。。

でもお酒を飲むわけでもないし、
真っ暗な中、離れたトイレへ行くのも怖いので、
暗くなったら寝ちゃうんですけどね。

・・・

さぁ、寝よう!と、フィンをテントへ入れたら、
何の迷いもなく、エアベッドのほうへごろんとなって。。

IMG_1646.jpg
しかも笑顔。。
(寝る時はクレートの中に入っていったけどね)

テントのことは覚えているようで、
落ち着いたものでした。
過剰反応することもなく、吠えることもなかった。
でも、夜中に二度ほど起こされた。
外に行きたいというので、トイレかと思ったら、
そうでもなく、テント入り口でじーーーっと暗闇を見つめ、
少し出てはじーーーーっと見つめ、
警戒隊長のようでした。
まぁ、おかげで満点の星空が見られたのだけど。
新月に近くて良かった。^^

結局、朝方に起こされた時に
「水を飲みたかった」というのがわかったんだけどね。
外に置いてあった水入れが微妙に届かなかった。。
気づかなくてゴメン、、

IMG_1650_20130611080511.jpg
朝。散歩まだかな〜の図。

IMG_1659.jpg
二度目の朝の散歩。

IMG_1660.jpg
9時前にはゴミ収集車が!

IMG_1686.jpg
サイト内にも立派な木が。

IMG_1684_20130611083046.jpg

サイズ比較に。。
上の写真を撮っている所を撮られていました。
IMG_2005.jpg


散歩中に発見。
大きな岩場を歩いていると、ぽこぽこと穴発見。。
IMG_1635_20130611083323.jpg

インディアンのすり鉢だそうです。
夏になるとここに女たちが寄り集まって、
森の豊かな恵、ドングリなどを潰したりしていたそう。。
IMG_1629.jpg

同じような深さ、サイズ、
そしてここにだけあったので、自然に出来た穴ではなさそうです。
IMG_1633.jpg

近くにはこういう広いものもありました。
IMG_1680_20130611083324.jpg

こういうものが、普通にあることに、少々衝撃でした。
だって、これ、とても貴重なものに見えるんですけど。。
かつてのここの、この土地の姿を感じ、クラリとする思いでした。
まぁ、こういう国立公園になるような良いところは、
どこもインディアンたちの居住地だったり、
聖地だったりするんですけどね。

今回のキャンプ、巨木に会うのと同じくらい、
私はこれに出会えてよかったです。

この岩場には、こんなにかわいいお花も咲いていました。
Pussypaws "猫ちゃんの肉球" という名前。。

IMG_1638_20130611090217.jpg

IMG_1640.jpg
終わりは段々白っぽくなるみたい。

ここは2,000mほどです。
たくさんの見たことのない植物を見られました。

つづく。

Comment

非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

アヤ

Author:アヤ
大きな木のもとで、
ロップイヤーのたんぽぽと、
ボーダーコリーのフィン、
2人と2匹で暮らしています。

たんぽぽ(ロップイヤー)2007/1/4 生まれ

フィン(ボーダーコリー)2009/6/3 生まれ

アズー(ブルーボタン) 2014/11/21生まれ

リンク

Flashカレンダー

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。