スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅干し作り in California

2013.06.06 23:12|SFbay 暮らし
梅干し日記。

5月24日

日系スーパーで青梅を見つけ、
その香りに吸い寄せられ、
気づくと手が選んでいました。。
梅干しにしたかったので、
サイズを揃えて、22粒。。
(自宅の梅よりもサイズがバラバラで傷物が多かったのです、、
用途が梅酒が多いらしいので、関係ないのかも)

IMG_1993.jpg


5月28日 1日目

黄色くなるのを待って漬ける。

梅 400g
塩 50g

しかも焼酎無しなので、塩がまんべんなく付かない。

IMG_1116_20130607144427.jpg

調べると、少量の場合は
ジップロックに入れたほうが空気に触れず、
塩がまんべんなく触れて、
白梅酢が上がってきやすく、カビが発生しにくいそうです。

でも、便利でも、ビニールに漬けるって、
どうも夢が無いというか。。
瓶のほうが心躍るじゃないですか。。^^;

とりあえず、重しの水は多めにして、
水が上がりやすいようにしてみた。。

調べると、少量の場合は瓶をゆすって、
白梅酢を全体にからめるようにして、
カビを防げると書いてある人も。。

・・・ここでフェイスブックで問いかけたら、
梅酢を回し絡めれば大丈夫だったよ!
の経験者の声がたくさん!心強くなりました。^^ ・・・

そして、干しの問題。。
日本なら「梅雨明けの土用干し」だけど、
梅雨のないここはどうしようかと。。
長く漬けるのことに意味があるのか?
それとも干していいのか?と疑問に思っていたら、
それも応えてくれる飛騨在住の友人が。。

飛騨は梅が出回る時期がとても遅く、
梅雨明け後になるので、
梅酢が上がったらすぐに干すそうです。
「最短は漬けて3日くらいで赤ジソ投入で、
1週間経たず干したように思います。」

感謝です!心強くなりました!
早く干せれば、カビのリスクも少ないしね!

それにしても、
日本国内も改めて環境の違いを実感。。


5月29日 2日目の朝

と、言いつつ、塩が固形なので、余計付きにくいよね、、
と思い、塩を10g 足しました。
なので塩分は15%

IMG_1139.jpg

5月30日 3日目

そしてその後、どんどん
梅酢が上がり始め、匂いが変わってきた。
あの芳香に発酵の深みが加わって、甘みも際立つ匂い。。
・・・ちょっとだけでも、やってみて良かった。
梅のアロマは日本人のDNAに染み入りますネ。

IMG_1209_20130607151408.jpg

5月31日 4日目

梅酢だいぶ上がってきた!
姿もふにゃふにゃ、梅干しに近づいてきた。

my small pleasure
朝から香りとともに、小さな幸せを堪能。。^^

IMG_1226_20130607154909.jpg


6月1日 5日目

梅酢は梅の高さを越えました。
底にひと並びするのももう少しかな。
少量でも梅酢がしっかり上がるというのがわかりました。

梅酢が上がって来るのが止まったら、干してみようと思う。

IMG_1272.jpg


6月2日 6日目

もう高さは変わらないようです。
あの芳醇な香りがほとんどなくなりました。

6月3日 7日目

朝から干してみる。(干し1日目)

ネットで遮光しちゃっていいのかな?と思ったけれど、
検索すると、
「強すぎる日差しの時は明るい日陰に干す」
という意見もあったので、遮光はちょうど良いかもしれない。。

干し芋の時も軒下のほうがうまくいったし。。
ということで、半日だけ直射日光作戦でいくことに。

IMG_1356_20130607152553.jpg
(並べたところ)

IMG_1359_20130607152555.jpg
(干している時は、こんな感じ)

IMG_1360_20130607153137.jpg
(半日経ったところ)

6月4日 8日目(干し2日目)

梅干しになってきました。

IMG_1815_2_20130607170312.jpg


6月5日 9日目(干し3日目)

干して3日目の夕方。
香りが"梅干し"になりました。

IMG_1393.jpg


6月6日10日目(完成!)

IMG_1399.jpg
梅干しになりました。。
なんと漬けてから10日で完成です。。
お天気の心配がなければ、
こんなに簡単なものなんですね〜。
もっとたくさん漬ければ良かった!(笑)

IMG_1405_20130607153823.jpg
中を見てみると、まだ黄色くジューシーですね。
味はすっかり梅干しなのだけど。

IMG_1406_20130607153825.jpg
(乾物コーナーにとりあえず並べる。眺め、ほくそ笑むため。。)

2瓶に分けました。
たっぷり入っているほうは保存版。
帰国後にカリフォルニアを懐かしむつもり。。
もう1つは、経過を味見してみようかと。^^

梅仕事が出来てよかった!
心が満たされました。^^


・・・

ちなみに。過去をさかのぼってみました。

2010年の梅干し。
コチラやっぱり皮が柔らかそう。
完熟した梅を使っていたからかな?
豊作の年でした。→コチラ

2009年初めての梅干しは。。
コチラ
ゲゲーッ!こんなにへタッピだったとは!干し過ぎ!!(爆)
確かに、雨に降られたり、ざる引っくり返したり、
大変だった記憶はある。。(苦笑)






Comment

非公開コメント

| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

アヤ

Author:アヤ
大きな木のもとで、
ロップイヤーのたんぽぽと、
ボーダーコリーのフィン、
2人と2匹で暮らしています。

たんぽぽ(ロップイヤー)2007/1/4 生まれ

フィン(ボーダーコリー)2009/6/3 生まれ

アズー(ブルーボタン) 2014/11/21生まれ

リンク

Flashカレンダー

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。