スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水分たっぷりパン。

2013.03.26 13:41|SFbay 暮らし
この本を参考に、
こっそり憧れていた水分たっぷりパンに挑戦してみました。

IMG_0830.jpg

本のタイトル通り、粉と水と塩と酵母だけ。
(いつもはこれにはちみつを少し入れる)
それで、水と酵母が同量で、いつもより多い。

IMG_0788.jpg
(材料をただ混ぜたところ。とろとろです。)

本では自家製酵母にさらにドライイーストも足していたのだけど、
私は酵母だけにしました。

発酵の手順も違っていて、
通常は一次発酵、ベンチタイム、二次発酵だけど、
これは、粉を混ぜてから2時間後にベンチタイムのような丸め直し、
それから一次発酵、二次発酵でした。
(ガス抜きは無し)

最初の2時間後の時ですでに良い具合にぽよんとしてきていました。

IMG_0815.jpg
これは粉を混ぜてから6時間後。ようやく二次発酵に入る準備です。
何度か畳み直すのだけど、柔らかい生地はこれが心配でした。

IMG_0816.jpg
でも手に粉をしっかりつけ、無事、クリア!
今まで触った事のないようなぽよぽよさでした。^^
ここまでは順調。。

ここから「冷蔵庫で12時間発酵」と書いてあったので従ったのだけど、
12時間後もほとんど変わらず。。
IMG_0817.jpg

あ!イースト入れてないからか!と後になって気づく。。
よく、オーバーナイト発酵はイーストを使った時で、しかも夏場でした。
(冬は室温でオーバーナイトできる)
自家製酵母でも時間をかければできるんだろうけど、室温に戻しました。
・・・戻しても冷えきった生地は10時間くらいそのまま。。

でも朝にはしっかり膨らんでいました。
IMG_0821.jpg

発酵籠をゆらすと、生地がゆらゆら揺れます。。
これは籠から出したら、ベロ〜ンだな、と思い、冷蔵庫で3時間。。
(本にも冷蔵庫から室温に戻さずにすぐに焼く!と書いてあった)

でも結局、べろ〜んだった。。^^;;;
本で、ダッチオーブンを使って焼く事と書いてあったのがよくわかりました。
本来は、ダッチオーブンに入れ直し、まずは蓋を閉めて焼く。
その後、蓋を開ける、というものでした。

私は(日本にならあるのに!)持っていないので、、
トレイと耐熱ガラスの容器で代用。。
え〜ん、シワシワ〜!(苦笑)

IMG_0824.jpg

蓋をして焼くのはスチーム効果?と思ったので、
ガラス容器に水を張っておきました。
あと、空のトレーに打ち水してみたり。
(フランスパンのイメージ?)
それと、蓋が無い分、焦げやすいだろうから、粉をしっかりふって。。

焼けたよ〜!
IMG_0828.jpg

気泡も一応、まばらだけど出来てた。^^
IMG_0831.jpg

ただやっぱり、もっと焼いてもよかったのかも。
水分が多いと中身がしっとりするものだけど、
ちょっとしっとりしすぎたかな。
230℃ で40分焼いたんだけどね。

でもとってもおいしかった!
皮の香ばしさとほのかな苦み、中身のしっとりとした粉の甘味。
ハチミツを使ったものよりも甘く感じた。。
今までで一番おいしく出来たかも!
全粒粉は40%だけだけど、
でも全粒粉使っても軽いものって出来るんですね。

また、作ってみたいパンです。

Comment

非公開コメント

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

アヤ

Author:アヤ
大きな木のもとで、
ロップイヤーのたんぽぽと、
ボーダーコリーのフィン、
2人と2匹で暮らしています。

たんぽぽ(ロップイヤー)2007/1/4 生まれ

フィン(ボーダーコリー)2009/6/3 生まれ

アズー(ブルーボタン) 2014/11/21生まれ

リンク

Flashカレンダー

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。