スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Free

2012.07.29 13:58|SFbay 暮らし
お散歩コースになっている小学校の横で、
Free!と書いてある看板の下に箱があったのは数日前のこと。
プラスチックのおもちゃがいろいろ入っていた。
私はシュガーパインの30cmくらいある松ぼっくりを頂いてきた。

そして昨夜はまた一層増えて、その中に木製の脚立が。。。
ほ、、欲しいかも。。
でも、持って帰るには重そうなので、諦めて。。(オット出張中だし)

IMG_6776_20120730063726.jpg

IMG_6777.jpg
日本だったら、すぐに無くなっていそうだけど、
朝はまだあった。
ものほしそうに眺めていたら、、
横でフィン君も、おもちゃ箱チェック中。。(笑)

IMG_6778.jpg
何を真剣に見つめているのか。。。^^;

・・・

犬も新しいおもちゃ好き。
昨日、たんぽぽのペレットを買いに寄ったら、
ぬいぐるみが1ドルだったので、たまにはいいかなぁ、と。。
トラ、ゾウ、に続いて、お仲間を増やしてしまいました。

IMG_6755.jpg
抱えて、アムアム。

///

結局、、残っていたので、運んでしまいました。。
重かったです。(笑)

IMG_6793.jpg

IMG_6791.jpg

IMG_6792.jpg

踏み板はまだまだしっかりしているし、
裏に金属が一本渡っていました。
ちょっと手を入れれば、まだまだ実用としても使えそう。^^



スポンサーサイト

Fort Funston National Park

2012.07.28 16:58|SFbay 犬
サンフランシスコの海風は冷たい。
ダウン、、大げさかな?と思いつつ、持っていったら、正解でした。^^;
高速で1時間弱なのだけど、山(住宅街)にべろんと雲がはりついている。
最初見た時はびっくりした。
青空なのに、そこにだけ、雲がまさに、張り付いているようなんです。

IMG_6752.jpg

その山(丘?)のところにあり、海に降りる感じになっています。
もう別世界です。
車から降りると、冷たく強い風。

髪も下ろさないと寒かった・・・。
IMG_6738.jpg
(下は半袖だけどね)

海は、満ち潮で、荒々しく、なんか怖かった。
IMG_6734.jpg

IMG_6736.jpg
この色のイメージ通りの寒さです。

フィンは今まで、ボール投げろとうるさかったけれど、
IMG_6682.jpg

波を追うことに喜びを見いだしてしまったようで。。

IMG_6680.jpg

絶対、アドレナリン出ている夢中さ加減。。

動画もペタリ。


この、適当なところでUターンするのは、
羊をハーディングする時の動きかな。。
ただい追まわしたいんじゃなくて、「まとめたい」動きなんだろうね。
波が引いて行くのも、自分がまとめたような達成感を味わえるのかな?

IMG_6717.jpg

IMG_6715.jpg
平日の夕方だったせいか、オトモダチもあまりいなくて。。
でももちろん!普段の散歩よりは交流できます。

写真はないのだけど、
小さな、まだこどもっぽいコが、フィンを見つけて、ダーーーーっと走ってきた。
私を通り越し、警戒して一時停止しているフィンをめざし、一直線!
どこで止まるんだろう?と思ったら、鼻がくっつきそうな位置でピタっと止まった。^^;;
思わず代弁して、too close!と言ってしまいました。
明らかに困惑しているフィン、顔をそらして、ちょっと下がって、
「ぼくたち、初対面だよね?いきなり、そこまで近づくってどうなの!?」と。
リードにつながっていたら、逃げ場のない怖さから先手必勝で、
「気安く、近づくんじゃねぇ!!!!」と吠えるんだけど、
フリー同士だとね、別の方法を選ぶようです。オンリードの時もよろしく。。^^;

ちなみに、フィンがフリーで相手がリードにつながれていても、
うまくいかないんです。
相手がつながれていることで調子に乗って、
強気に出ているというのもあるんだろうけど、
相手の緊張感とかを察するというのもあるんだろうな、と思ったり。。

つながないといけない理由があるんだろうけど、
フィンみたいな性格で、皆がフリーの中をリードを付けて歩いていたら、
緊張でカチコチになって、より一層絡まれるんだろうな。。^^;

以下、海藻日記。

海の中にも、ヤシの木!^^

IMG_6673.jpg

葉っぱ部分。。お見事なプリーツ!
IMG_6674.jpg

根っこ部分。。プリプリ。でもプニプニはしていない。
IMG_6675.jpg

IMG_6685.jpg
絡んだ糸を解したい衝動にかられる。。

IMG_6686.jpg
いつもの、巨大なオタマジャクシの葉っぱ部分!初めてみた!
上はけっこう普通なのね!(笑)

IMG_6694.jpg
いろんな形がちんちろりん〜♪

IMG_6695.jpg
こういう織りってあるよね。(笑)

IMG_6698_20120729110239.jpg
砂浜はたっぷり水分を含んでいて、足跡もくっきり立体!

IMG_6700.jpg
こういうのを見つけたら、
ずいずいずっころばし、を一応、やる。
でも、何かに喰われるかもしれない、、という恐怖心を持ちつつ。。

IMG_6721.jpg
砂の形。。

IMG_6722.jpg
下から風が吹き上がるところ。
砂の減り方も、横から風からで、こういう形が出来るんですね。。

IMG_6727.jpg
今はこの花がよく咲いていました。

IMG_6731.jpg
崖に近づかないで!!と叫びたいところだけど、
それをやっちゃいけない。。過去の教訓。
え!?とやみくもに、こちらに振り向くからだ。
フィンがまだパピーの頃、下の家との境で呼んだら、
振り返りながら、足を踏み外して落ちた。。3mくらい下に。。
幸い、落ち葉がたっぷりだったので助かったけど。
彼らの本能を信じて、ぐっと我慢。
言うなら、行く前に「行かないよ!」と言うべきですね、、反省。

(でもここ、まだ、何段階かの段差があるので、
このまま、真下に落ちてしまうことはなさそうです。)

・・・

この日、フィンはよく走って、お腹も海水と砂でべちょべちょに。
シャンプーをした時に、毛もよく梳かした。
シャンプー後、いつも、ホワンホワンになるのに、なんだかすっきり!
あのホワンホワンは抜け毛だったのか・・・!?

フィンを包むようにもみくちゃに撫でる遊びをするのだけど、
最高に気持ちよかった。(笑)

・・・フィンは普段は触られたくない派。
でも遊び時間のスキンシップは大好きなのです。
「メリハリが大事!」だそうです。^^

翌日、私はなぜか筋肉痛でした。
柔らかい砂の上を歩いていたからかな?
フィンも本当によく寝ていました。

昨日の雲は。

2012.07.26 21:25|SFbay 暮らし
今日は雲のない夕暮れだった。
雲の無い夕暮れ、どれだけ味気ないものか・・・。

昨日はすごかったよ。

IMG_6607_20120727141809.jpg
天使の翼みたい。

IMG_6608.jpg
これ、タンポポの綿毛をフーーー!!ってやったみたいじゃない?^^

IMG_6616.jpg

IMG_6611.jpg
大きな羽のようだな、、と思っていたら。

IMG_6617.jpg
これ、画像だとわかりにくいのだけど、鳳凰みたいでした。
右側の鳥の頭になるところ、目みたいなのもあって。

IMG_6618_20120727141956.jpg

IMG_6619.jpg
すーっとした雲と、点々とした雲と、半月と。

・・・

今日の風はとても冷たかった。

パソコンの陰から。。

2012.07.25 22:39|SFbay うさぎ
おかーさん。。
あし。。

IMG_6621_20120726153335.jpg

足マニア、ぽぽたん。
足にしがみつくか、足でおでこを撫でて欲しいと要求中です。
手よりも足で撫でられるほうが断然好きなんだよね・・・。^^;
そして今もナデナデタイムです。。

正確に言うとね、
土踏まずの凹みにおでこをフィットさせて撫でられるのが好きなんですよ。。


夕暮れと。

2012.07.22 22:10|SFbay 暮らし
暑い日が続いたので、7時半過ぎに散歩に出るこの頃。
(暗くなるのは8時半を過ぎてから。)

夕暮れ時に雲がないことが多いのだけど、今日は見る事ができました。

IMG_6567.jpg

IMG_6568.jpg
天の川みたいだ。

IMG_6569.jpg

IMG_6573_20120723145840.jpg
桃色雲のカケラの合い間にお月さん。

IMG_6574.jpg
お。青い雲に変わったぞ。帰ろう、帰ろう。

IMG_6575.jpg
お月さん、さいなら。

・・・

帰宅して。
ペーパーがけ+オイル拭きしたばかりの機に、
うっとりしながら、ナデナデ。。
ほれぼれ。。ニマニマ。。
IMG_6578.jpg

二人に見張られながら。。

IMG_6577.jpg
(おかーさん、なにやってんだろね、、)
(まぁ、あたたかく、みまもってやろ。。)

直談判

2012.07.22 21:37|SFbay うさぎ
昨夜、ソファに座っていたら、トトト・・・と、
うさぎが真正面にやってきた。。

「あのさ!ぼく、おかーさんに、いいたいことあるんだよ!」
「・・なんじゃらほい?」
IMG_6560.jpg

「なんでソファーの上に足を上げるのさ!
ぼく、ずーーーっと、足待ってるんだけど!!!」
IMG_6562.jpg

と、直談判されたので、足マニアのぽぽのために、
足を床に下ろしました。。

うさぎも、文句を言う時は正面きって、首をのばし、
堂々とした態度で、目をジッと見て訴えるんだね。。^^;
ロップイヤーは自我が強いとわかっていたけど、
年々増して来るね。(笑)

・・・

そういえば、こんな写真も撮っていたんだ。
新鮮!安全!サラダバー。

IMG_6282.jpg

IMG_6286.jpg

IMG_6293.jpg
もう花も咲いた古株のイタリアンパセリも、
この堅い軸が噛みごたえあるようで、まだ時々食べてます。。

IMG_6294.jpg

君が、よ〜く運動しているのも知ってるよ。
うさぎは胃の中を空っぽにしちゃイケナイ事も知っているよ。
でもさ、、もうちょっと食欲、、どうにかならないのかね、、^^;
・・・でも食欲落ちたら心配かも。。^^;;;
病院の先生に太っているって言われたことないからいっか。

IMG_6301_20120723140648.jpg

・・・いいのか?

こまごまと。

2012.07.22 00:12|SFbay 暮らし
途中、また体調崩したりもしたけれど、
こまごまと動いております。

紡ぎ車の修復も再開し、
織機のほうもサンドペーパーをかけました。
工具をお借りしてのペーパーがけと、あと手でも、もう少しかな。
かなりザラザラの白木の状態だったので、少しずつ整えています。
あとはオイル拭きをして。。
織り始めるまでなかなかだ。

織りたいものはかなり具体的になっているのだけど、
それに取りかかる前にもやっておきたいことがあり。。
いろいろ、時間がかかりそうです。

オイルを買いに行った時、手元用の照明も見てきました。
そして、いいもの発見!

IMG_6554_20120722161606.jpg
工事現場用のアルミのなんだけど、クリップで手元に調度良さそうです。
$7だし。^^

IMG_6555.jpg
このカタチと、ラフな質感、かなり気に入っております。。
ライトが点くと、なんだかすぐにでも動き出せそうだ。


それから、ヤスリを収納するようにこんなのを買ってみました。
IMG_6557.jpg

Lowe'sはホームセンターの名前(笑)で、釘入れかな?
日本だったら、麻もあるし、ミシンもあるのだけど、
ここだと、ちょうどいい布も無いし、ミシンもないので、
これを元に、ひとつずつ入るように縫って仕切ろうかと。
98¢だし(笑)、こちらの暮らしの記念になるかな。
(ヤスリは決して、Lowe'sのものなんかじゃないけどね!)

あと1ヶ月とちょっとしたら、ESLが始まってしまうなぁ。。
学校が始まる前までに、機に糸をかけたいところです。。

散歩道。

2012.07.21 22:49|SFbay 犬
大きな道路脇の歩道にぼとり落ちていたのは、
ヤシの花ガラのようです。

IMG_6389_20120722151407.jpg
いい色。。

IMG_6388_20120722151406.jpg
歩いている時に落ちて来なくて良かったなぁ、と思う。
けっこう、葉とかも、ぼたりと、落ちているのです。

IMG_6386.jpg
元駐車場だった場所で、咲き誇っておりました。
日本だと、園芸品種で小型のアガパンサスが出回っているけれど、
こちらで小さなアガパンサス、見たことないです。。

そして用水路脇。
ほとんど枯れ行く中で、すくっと、フェンネルが勇ましく。。

IMG_6390.jpg

IMG_6391.jpg
乾燥に強いんですね。。
この優しげな姿からこの逞しさは想像つかなかったかも。
こちらに来て、至る所でみます。

IMG_6395_20120722151404.jpg
携帯のピントが最近、合わなくて。。
いい紫色でした。

IMG_6397.jpg
ハマダイコンの種。

IMG_6398.jpg
中身が気になって、ひとつ割ってみたけれど、
発泡スチロールみたいに分厚い壁になっているんですね。。

IMG_6403.jpg
けっこう、空っぽになってしまうくらい感動です。。

IMG_6405.jpg
ピンボケ、、クスン。
本当にこの白がきれいなんだ。

IMG_6407.jpg
強い光の中で、枯れ草も輝いて、本当にきれいなんです。

IMG_6396.jpg
こんな、一見、殺風景な場所なんですけどね。(笑)

公園は運動場。
でも暑いからあまり走らないけどね。

IMG_6541.jpg

IMG_6544.jpg

IMG_6545.jpg

小学校からのメッセージ。
Have a safe and fun-filled summer!



Ulistac Natural area

2012.07.21 21:59|SFbay 犬
最近、目がとても疲れてしまうことがあり(=頭痛)、
パソコンをほとんど見ない日を作ったりしています。
なのでざっくりと、まとめて更新です!(笑)

まずは先週の月曜日、オットたちを空港へ送った帰り、
久しぶりにUlistac Natural Areaの散歩へ。

IMG_6315.jpg
カーディングした羊毛のような雲。

IMG_6317.jpg
さぁ、ウキウキちゃん!

IMG_6313_20120722143421.jpg
銀葉とポンポン。。

IMG_6319.jpg
ピンクのポンポン。。

IMG_6320.jpg

IMG_6323.jpg
こちらの夏景色。夏枯れの野。。

IMG_6327.jpg
ユーカリの花。

IMG_6329_20120722143814.jpg

IMG_6333.jpg

IMG_6337.jpg
フィン隊長〜〜、そっちですか〜〜。
(毎回、遠出の際は、フィン隊長に振り回されるのが楽しみになっている。。)

IMG_6343.jpg
モンシロチョウの英名、キャベッジ・ホワイトだって。なるほど!^^

IMG_6348_20120722143813.jpg
飛行機雲、ぽこぽことレースのふちどりみたいに。。

IMG_6350_20120722144340.jpg
すごいよ〜。ただ混在しているようで、なんというバランス。。

IMG_6352_20120722144339.jpg
遠くに、茶色い山が見えます。こちらの夏山、、です。

IMG_6354.jpg
背丈の低いセージ。
ハミングバードセージと書いてあった。

IMG_6356.jpg
枯れた種のシルエットなんだけどね。
枯れたからって、摘み取る事無いよなぁ、と思う。

IMG_6357.jpg
青の色と、背景の銀葉が、涼しげでした。

IMG_6351_20120722145419.jpg
今はこれも多かったです。
葉っぱが少ないのは、省エネなのかな?
水分、蒸散しちゃうものね。

この散歩道を歩いていたら。。
ガツンと、カリフォルニアに戻ってきた!という気分になりました。

サッカーと野球と雪山。

2012.07.17 18:24|SFbay 暮らし
実は私と入れ違いのように、オットが日本へ出張となり、
昨日、二人を空港へ送ってきました。

義父は定年後、料理学校へ通って基本からしっかり学んだので、
料理がとても繊細でおいしい。(いわゆる男の料理ではない!)
私がこちらに戻った時は、
お酢の代わりに庭のレモンを使ったお稲荷さんとワカメの酢の物!
そして煮魚を用意してくれていました。おいしかった!

私が留守の間、平日は義父一人で電車に乗って、
あちこちの町を散歩しに行って、おみやげを買ったり、外食も!
(日本語でコミュニケーションをとっていたとか!すごい!!)
そして休日はオットがちょこちょこ連れ出していたようで。。
やはりスポーツ観戦がハイライトでしょうか?^^

スタンフォードへ、ベッカムを観に行ったり、
・・・もとい、サッカーを観に行ったり、
DSCN0295.jpg

DSCN0301.jpg

オークランドで、マリナーズ戦を観に行ったり、
DSCN0351.jpg

DSCN0327.jpg
けっこう、近かったようです。^^

シアトルへは、イチロー対ダルビッシュを観に。。
IMG_0626_20120718105453.jpg

IMG_0628.jpg

IMG_0657.jpg

IMG_0675.jpg

DSCN0418.jpg
有名な選手らしい。
いろいろ説明を受けたけど、すっかり忘れました。^^;

動画もペタリ。


シアトルは同じ西海岸といえど、飛行機で2時間近くかかります。
カラカラのカリフォルニアとは違って、緑が茂っていたそうです。

IMG_0623.jpg

DSCN0376.jpg
ここでシーフードを食べたとか。

DSCN0377.jpg

DSCN0378.jpg

スターバックス1号店だそうで、ものすごい列だったそうです。
(「もちろん、写真撮っただけ」だそう)
IMG_0620.jpg

DSCN0384.jpg

それから国立公園のMt Rainierへ。

IMG_0695.jpg

IMG_0698.jpg
スノボーを担いで行く人もたくさんいたとか。。

IMG_0700_20120718110356.jpg

IMG_0703.jpg
でも春の花も咲いているのね。。

IMG_0709_20120718110355.jpg
この雲の隙間から見える山が、なかなか見えないらしい。。

IMG_0712.jpg
黒い山と白い雪がきれいだったって。

IMG_0721.jpg
冬は15mとか積もるらしいです。。

IMG_0728_20120718110758.jpg

IMG_0729.jpg
けっこう幅の広い滝だったそう。
虹がステキ。

IMG_0732_20120718110757.jpg

そんなこんなで1泊2日で帰ってきたわけだけど、
二人して、
「すごいおみやげがあるんだ!」
「いやぁ、重い重い!!」
木をくり抜いたカゴ型の入れ物のことかと思ったら、
「それじゃなくて!」と、渡されたのがコチラ。

IMG_6372.jpg

土・・・。^^;;;
球場で配っていたので、もらっちゃったら、土だったんだって。
せっかくなので、持ち帰ったそう。(笑)
写真を見ると、球場の土かと思ったら。。

IMG_6373.jpg
ポップコーンとか、球場で出るゴミを堆肥にしたコンポストでした!
お疲れさまでした!(笑)

そして義父には、1ヶ月、お疲れさまでした!大感謝です。
幸い、その期間中、オットの出張もなくラッキーでした。

こちらの秋のような気候から、いきなりの蒸し暑い日本。。
体調崩されませんように!!

カーメルビーチ

2012.07.14 13:43|SFbay 犬
車で一時間。カーメルへ行ってきました。
曇っていたので、ビーチはすごく寒くて、
フリースを着ている人もいるくらい。

でも白い砂浜で、海も透明感があり、とてもきれいなビーチでした。
なにしろ、ドッグフレンドリーなビーチだしね!

IMG_6191_2.jpg
よく見ると、ガラスのように透明感が。

白いせいか、海藻がよく映えて、標本のようでした。

IMG_6174_20120715054059.jpg

IMG_6175_20120715054059.jpg

IMG_6176_20120715054058.jpg

IMG_6190_20120715054057.jpg
これらは、ジャイアントケルプですね。30m、50mあると言われている。
ラッコが流されないように包まっているやつです。

IMG_6191_20120715054057.jpg

IMG_6180.jpg

IMG_6217.jpg
色が柿渋染めのようできれいだったから撮ったのだけど、、
顔がある。。
巨大おたまじゃくしのようだ。。^^;

それから、不思議な苔ゾーンを発見。。

探検大好き、フィン隊長!
IMG_6194.jpg
スタコラサッサ〜♪

IMG_6196.jpg
滴る水をペロリ!(しょっぱい!/義父談)

頭隠して。。(笑)
IMG_6197_20120715054855.jpg

IMG_6199.jpg
木陰やこういうところで休むの得意だよねぇ。。

IMG_6201.jpg
『入る?』「遠慮しとく」

IMG_6204.jpg
それにしてもなんてゴージャス。
まさに地衣類。。

IMG_6205_20120715055842.jpg
白いのは枯れているところのようでした。

IMG_6207.jpg
隅々まで隈無くチェック!探検隊長。。

IMG_6187.jpg

IMG_6208.jpg
物語のシーンのようです。。
潜める穴と、赤いのは多肉の葉っぱ。
でも残念なのが、上はゴルフ場になっているってこと!
(高級なゴルフ場らしい。。)
あの苔を茂らせている水は、ゴルフ場とも関係があるのかな、、?

IMG_6209.jpg
登ったり、

IMG_6211.jpg
隙間チェックも忘れず、、

IMG_6212.jpg
すっかり堪能!
満足げな背中に見える。。
『さて、浜に戻るか。。』

IMG_6213_20120715061620.jpg
『おりゃ〜!鳥、マテ〜!』

以下は、浜に到着したばかりのフィン。
もう、ものすごいウキウキちゃんになっております!

IMG_6158.jpg

IMG_6162_20120715061807.jpg

IMG_6163.jpg

IMG_6169.jpg

IMG_6170.jpg

IMG_6188.jpg

ガタガタだけど、動画もペタリ。


こちらに向って来るおじさまに、この後、
「オーシャンをハーディングしているんだね!」と言われる。(笑)

IMG_6218.jpg
帰りは、別荘街?のようなところの小道を通って帰りました。
シンプルな門も草に覆われると雰囲気出るなぁ。。
(ユーカリの巨大さがわかる。。)

・・・

おとーさん待ち中。
IMG_6224.jpg

車中で、クレートから出て乗ってみた。。

IMG_6228.jpg
落ち着かない様子。。

IMG_6229.jpg
足場が狭い。。

IMG_6241.jpg
そして、はしゃぎすぎたせいか、クレートの中でネムネム。。
私も、時差ボケのせいか、帰り道は、グッスリ。。^^;

みどりと、ちゃいろ。

2012.07.14 12:19|SFbay 暮らし
無事に戻りました。
裏庭の菜園コーナーは、なんと!

IMG_6247.jpg
ジャガイモが元気ハツラツ!!
芽が出たジャガイモを植えただけなんだけどね、、
(どれだけ芽を出させたんだか、、)
前回も、収穫できたので、味を占めました。(笑)

IMG_6248_20120715045454.jpg
大事なジャパニーズ キューカンバも負けずに元気です!
ただ、地這いキュウリになっているけど、、なぜ、上がらない!?

IMG_6250_2.jpg
そして、やはりたっぷり来ましたね・・・!
ルッコラのこぼれ種!!
ぽぽたんが、間引いているようだけど。。^^
きっと、害獣!?ぽぽたんに負けないくらいの量かと。

ぽぽたんが草を選ぶ時、クンクン、と匂いを嗅いでから食べるんだよね。
ルッコラが匂うのはわかるけれど、タンポポの葉とか、
薔薇の葉(食べてた!もちろん無農薬)とか、モミジの葉とか、、、
匂いで違いがわかるものなんですねぇ。。?

IMG_6251.jpg
これは、古い品種の、、トマト、と言っていいのかな?
姿はほおずきのようなもの。
お店では見ても、食べたことはないんだけどね。。
おいしいのかな?(笑)

IMG_6258.jpg
柿が随分、大きくなっていてビックリ。
やっぱり日本よりも季節は早い感じです。
今年は豊作かな?
昨年は、甘くなるのを待っていたら、だいぶ食べられちゃったんだ。
鳥とリスに。

IMG_6252.jpg
ぽぽたん、相変わらず。^^
でも用事はしているみたい。
私かフィンが一緒にいないと、すぐに室内に戻ってきます。

・・・

散歩中の用水路脇の草たち。
乾期らしい景色でした。

IMG_6243.jpg

IMG_6246_20120715050934.jpg

『冬枯れ』ではなく、ここでは『夏枯れ』だ。

庭仕事、雨戸塗装。

2012.07.10 06:21|旧 庭関連
今日は良い天気。
晴れて、風もさわやかでした。
午前中に雨戸の2回目の塗装を終わらせようと、意気込んで物置に向っていたら、、
通路にちょこんと。。

DCIM0168.jpg

DCIM0168_2.jpg
アキノタムラソウが。^^
以前は土手に、背高く咲いていたけれど、こんなところにも。。

DCIM0194.jpg
そして。。
木陰の下草ゾーンにはヤブミョウガが、可愛い花を!
(ピンボケ、失礼、、)
クマザサがたくさんあるコーナーだったのだけど、
今はヤブミョウガと半々くらいかな。

そして、雨戸の塗装は、前回マスキングしていたので、
半分の時間で終了できました。

DCIM0174.jpg

DCIM0175.jpg

さすがに2回塗りはきれいになった。
そしてなかなか乾かないのは、前回の分が効いているからかな?

ベランダの雨戸も塗りにいって、いい風だったので、
ついでに腰掛けてボーーーー。

DCIM0180.jpg

ここは自分たちでウッドデッキを敷く予定だったけど、そのまま。。
やっぱり、ちゃんと敷いてベンチ置いて、
ここも楽しみたい。。

DCIM0181.jpg
今はウサギだけが満喫中。。

そして軽くとりあえずの食事をして、いざ、出陣!
土手の梅の木の剪定!

古木の梅、強風で負けないように、
徒長したベロベロの枝をカット。
梅の枝はトゲがあるので、それで本体の幹を傷つけているところもありました。
それに、実生で生えた紅葉や椿などが、梅の側で勢いをつけていたので、
取り除いたり、低くしたり。。

ちょうど隣家のおばあさんも娘さんと庭の片付けをしていた。
作業している位置がちょうど間近のところだったので、
時折、おしゃべりしながら。。
娘さんが帰られてからも、二人で時々話しながら、せっせと。。

土手の上がり下りしながらなので、かなりハード。
梅の位置はそれよりも急斜面なので、土手にしがみつくように上ることもある。
でもね、土手にしがみつく感じ、
すごく幸せなんだよねぇ。。(笑)
土や草がグンと近づいて、根の強いものを掴んでいたりしてね。

隣家のおばあさんにそれを言ったら、そうそう!!って。
自然に対しての感覚(考え)は、かな〜り、似たもの同士なのです。。
おばあさんの生まれ育った町は私が東京で暮らした町だし、
おばあさんとフィンの誕生日が同じだったり。。
なぜかご縁があるのです・・・。

薄暗くなるまで外で仕事をして、
同じ家に帰るわけでもないのに、終える時間を合わせていて。。
(こういうところの作業は一人はちょっと危ないので)
最後に「今日は本当に楽しい時間だったわ!」って何度も言ってくれました。
嬉しかったです。^^

たくさんの枝を下ろして、運んで、
きっと明日は筋肉痛だろう、って思うほど力仕事だったけど、
やっぱりいいなぁ。
ここの、圧倒的な緑とぴたりと寄り添って暮らしたい。

どっぷり疲れての湯舟、気もちいいよねぇ。。
そしてその梅の木から作った梅干しとお水でチャージ。

あと明日の半日だけ、作業をしよう。
(荷造りは当日でいいや。)

2012.07.09 05:34|旧 日々の暮らし
あと数日。。
日々、過密スケジュールとなってきました。
バッグの修理や、「買っておくもの」の買い物とか、
ギャラリーへ行ったり、
お墓参りや、親戚のお見舞いなども。。

今日は、来客。
もともとはお客さんだったのだけど、もう10年ほどの知り合いで、
今は、年上の友人、と呼ばせて頂きます!(笑)
布話に花が咲き、貴重なお話をいろいろ聞き、
しかも茶器を持参して下さって、烏龍茶の入れ方まで教えて下さいました!
(お湯が沸くまでの間、ダンス付きだったりする。。ばらしちゃった。)

最近、フレーバー付きの紅茶がすごく多いけれど、
これは葉っぱだけで、まるで花のような香り。。
小さな器が2つあって、
最初のに注いだら、それをすぐに別の小さな器に移して、
その最初の器に残った香りをまず楽しむという。。
こういう繊細な香りを楽しむ、、嗅覚が喜んでいるようです。
なんて優雅な時間。。
アメリカに戻ったら、ワークショップに参加してみようかな。
絶対、あるはず!

そしてっ!!!
麻に詳しいAさん。
古布を持参して下さいました。。
もうね、布に触れた時に、指先が喜んでました。
見ずに指先だけで、うっとりする。。

DSC03856.jpg

DSC03861.jpg
左側のクロス紋はとてもかわいい。
でも右側の生地に、とても惹かれるものがありました。

DSC03867.jpg

庶民の着物であった布。。
まだ、紡績糸も無い時代、
日本中がこういう手仕事の布を纏っていた光景を想像して、、
思わずためいきが出る。
日本に限らず欧米もだけど、昔と今、すっかり別の国かのような変貌ぶりですよね。
かといって、着物を来て暮らそう、というわけではなく、
ただ、大量消費して、豊かだと錯覚して、
実は貧相な暮らしをしている、、ということにならないようにしたい、
と思いました。。

30倍ルーぺで繊維を見させて頂きました。
手触りの違うところは、ルーペで見ると、繊維も別物!
草の繊維ならでは透明感があって、つややかで・・・。
ものすごく細い糸も、績んだところはしっかりと捩って見えてね。。
おもしろかった。

それでウールを見てみると、また別世界。
ウールは空気を含んで紡ぐので、繊維がにぎやかで、立体の世界でした。

・・・

竹の白染めの、䅈泉寺 由子 さんの布も!

DSC03849.jpg

DSC03847.jpg
この画像のほうが、地の白と染めの白がわかりやすいですね。

Aさんのブログで、コチラに詳しく書かれてあります。

・・・

「帰国したら、いい布たくさん見たい」と思っていたけれど、
結局、能装束しか見られていなかったので、心残りがありました。
でも、家にいて、たくさん持参して下さったオタカラを1点1点、
全て触って、ルーペで見ることが出来て、大大大満足!
もう、「ごちそうさまでした!」と言ってしまいましたよ。

Aさん、はるばる、ありがとうございました!!

なげいれ

2012.07.09 04:22|旧 日々の暮らし
旅に出る前日、大磯にあるギャラリー OISO1668 にて、
野の花をいける』というワークショップに参加してきました。

講師は、オオシマ草花店の大島健吾さん。
富田啓之さんの器を使いました。

以下の画像は、先生手直し後のものです。
(自分のと、他の方のもあります)

DCIM0027.jpg

DCIM0031.jpg

DCIM0037.jpg

DCIM0044.jpg

実践に入る前にレクチャーがあったのですが、
「古今」や、「末枯れる(すがれる)」などの言葉や、
何に気持ちを置いていけるのかを説明してくれました。

大島さんの生ける時の姿を見ていると、
ひと枝、ひと枝、美しさをぱっと見つけてしまうようで、
白い壁の前に差し出した時、それだけで絵になっていました。

綺麗な姿の時の花だけでなく、枯れも入ることで、
そこに時間が生まれるんですね。
枯れ行くことも美しいと感じられる。

庭の見方が変わりそうです。(すでに十分、ナチュラルですけど、、)
勉強になりました!

アメリカに戻っても、やってみようと思います。
SFベイエリアの四季の野の花をいけて、
記録していくのもおもしろいかも。

旅のスナップ。その2

2012.07.05 01:38|旧 日々の暮らし
近江八幡から彦根に上がる時に、安土城跡に寄るのが目的でしたが、
なんとパーキングが4時までということで。。
車で通りすぎました。。その時に、1枚だけパチリ。

DCIM0094.jpg

ちょうど帰国する時に機内で安土城を建てる時の話の映画『火天の城』がやっていたのです。
映画としては、なんか不可解な部分が多く、
たいして感動も出来なかったのだけど、
安土山、まるごと全部城にしろ、と信長が言っていたので、
どんなお山なんだろうかと。。
またいつか。

DCIM0103.jpg

彦根で一泊し、出発の日は彦根城を見学しました。
目的は彦根博物館のほう!井伊家伝来の名宝。
私が行った時は『華麗なる調度』でした。
道具が本当におもしろい。
私には能装束がもう、なにより。。張り付いてしまいました。。
センスも技術も、当たり前だけど、最高ですよね。。
美術館のカタログって、写真がたいがい、台無しじゃないですか、
実物を見ると、この品の良さが写真に現れないのが本当に残念だと思う。

「緞子(どんす)」って、実は「ダマスク」でもあるんです。
頭の中はとうぜん、グルグルと駆け巡っておりました。(笑)

それと、表御殿の復元された空間。
暮らしの匂いがするほうが、やっぱりおもしろい。
だから、天守閣の中って、私はつまらないんですよね・・・。^^;
あれは外観から見るための建物ですもんね。
暮らすわけでもなく、籠城するためとも言えなさそうな。。
信長は暮らしたんでしたっけ。。

でも梁を見るのは好きだな。。

DCIM0104.jpg
まったく、何がなんだかわからないけれど・・・。

DCIM0100.jpg
これはお城ではなく、その手前の、、名前、忘却の彼方へ。^^;

DCIM0102.jpg


お城の楽しみといえば、石垣を見ることなんですけど、
幸運にもこんなところに出くわしました!

DCIM0095.jpg
組み直しているようです!!
ナンバーと天地が印してあります。。
さりげなく写真を撮ってみましたが、心の中は黄色い声が響いておりましたよ!

DCIM0101.jpg

DCIM0113.jpg

けっこう、隙間がたくさんあって、
小石が適当にたくさん入っているように見えるんですけど、
虫たちには良い住処のようです。^^

DCIM0116.jpg
ウズグモかな〜?

庭園のほうへ。
DCIM0151.jpg

DCIM0154.jpg

半夏生でしょうか。いいですね。
DCIM0146.jpg

DCIM0140.jpg
こうして、障子を開けて、家の向こう側が見える。。
これを見て、ふと、思ったことが。。
我が家も、家の角に窓があるのだけど、
設計してくれた方の頭の中にはこういう景色もあるのかな、、と。

窓といえば、風景を切り取るような、額のようなイメージがある。
茶室なんかはそういうのももちろんあるだろうけど、
こうして二面窓になって筒抜けになると、
より一体感を感じやすい。。見るよりも、外を感じる窓なのかな、、
なんて思ってみたり。

まぁ、湿気がこもらないように、とか、奥に深いから光を入れるとか、
実用的な理由がもちろんあるんでしょうけど。。

DCIM0136.jpg
耐震住宅というのがあったそうです。
この岩ゴツゴツの庭も、耐震のために人工的に作ったものだとか。。

DCIM0156.jpg
思わず、とんとん、石を追いかけて歩きたくなっちゃうね。

灯台下暗し。
学ぶべきことは、ここ日本にたくさんあるねぇ。。
ピタリと添う感じというか、乾きが潤うかのような感覚を覚える。
どれだけ求めているのかも。。
日本の感覚に、いつの間にか、飢えていたんだなぁ、と。。
それを自覚できたのは良かったのかもしれない。
日本の良いもの、もっとたくさん、観たいです。

DCIM0132.jpg
佳き旅でございました。


旅のスナップ。その1

2012.07.04 21:05|旧 日々の暮らし
1000kmのロードトリップ。

神奈川から兵庫に荷物を運ぶのが目的なので、
車はハイエースをレンタル。
運ぶものが入らなかったため、仕方なく・・・だったのだけど、
座席が高く、運転、なかなか楽しかった。

それで、せっかくの帰国中だし、母も誘って二人でちょっと観光をすることに。

機を届けたあと、もう少し足を伸ばして、有馬温泉へ。

DCIM0039_20120705133050.jpg
ホテル花小宿
加減がちょうど良いお宿でした。
何しろ、お料理がおいしかったです。。
素朴さと丁寧さと。。

DCIM0030_20120705133049.jpg

DCIM0033.jpg

DCIM0023.jpg

DCIM0065.jpg

なんとか明るいうちに到着したものの、
町を見るのは、翌日。
でもちょうどその日は九州で豪雨のあった日で。。
ここもなかなかな、どしゃぶり雨でした。
チェックアウトも12時だったので、午前中ゆっくりと。。

DCIM0057.jpg

DCIM0053_20120705133948.jpg
歩いている道から見上げているのだけど。。
おもしろいです。

DCIM0058.jpg
源泉のようです。

DCIM0055.jpg
名物の人形筆。
木枠に絹糸を巻いて使っていました。
絹糸の色合いが、なかなか激しいので、もうちょっと色合わせが、、
と思ってしまうのですが、
アジサイのような色を見つけて、ひとつ頂いてきました。
これで書き初めが出来るように、お習字練習しようかしら、、

DSC03843.jpg

DSC03844.jpg
筆を立てるとお人形が飛び出すというもの。

オススメの玩具博物館へも行ってきました。
木工部門がやはり心惹かれ。。

これなんか、光の演出がすごいですね!!!
DCIM0040.jpg

思わず、品がないけど、横から覗き見てしまいました。。^^;
DCIM0041.jpg

これは、ろくろで削って、金太郎飴のようにして作るもの。。
職人さんが世界に3人しかいないとか。
動画も見ることができました。
回転している木を指先で確認しながら削ってゆくのですね。
・・・指紋が無いに違いない。。^^;
DCIM0043.jpg

ブリキはプレス機が魅惑!

DCIM0049_20120705135125.jpg

DCIM0046.jpg

ちょっと歩いただけで、もう靴は中まで濡れて、、
どしゃぶりの高速を走って、なんとか滋賀の近江八幡へ到着しました。
その頃には小雨に変わってきました。

遅いお昼ゴハンを「たねや」さんで。
DCIM0067.jpg

重厚な民家の雰囲気がとってもステキ。
ランチは、近江八幡名物の赤コンニャクとか丁字麩の辛し酢みそ和え、
近江牛などが少しずつ頂けて、よかったです。

DCIM0070.jpg
鳥居と洋館。。

DCIM0080.jpg
あら、波?と思ったら、

DCIM0079.jpg
瓦で出来ていました。

DCIM0083.jpg

DCIM0086.jpg

DCIM0087.jpg

日本のデザイン、おもしろいなぁ、としみじみ。。

小雨の中をしばし歩いて。。
あっという間に、宿のある彦根へ向うことに。

つづく。
| 2012.07 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

アヤ

Author:アヤ
大きな木のもとで、
ロップイヤーのたんぽぽと、
ボーダーコリーのフィン、
2人と2匹で暮らしています。

たんぽぽ(ロップイヤー)2007/1/4 生まれ

フィン(ボーダーコリー)2009/6/3 生まれ

アズー(ブルーボタン) 2014/11/21生まれ

リンク

Flashカレンダー

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。