スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいま休憩中

2013.09.19 15:46|SFbay 犬
いつものお散歩で、

IMG_3802.jpg

いつのまにか
ベンチでくつろぐことが楽しみとなりました。

IMG_3269.jpg

IMG_3270.jpg

まぁ、陽射しが強烈だからでしょうけど。
(日陰はヒンヤリです)

IMG_3260.jpg
顔が変わったなぁ、とつくづく思う。。

フィンがパピーの頃、目の前で、
ネジを締めるのにドライバーを回していたら、
苛ついて噛みついてきたっけ。。(苦笑)

散歩中の休憩時間は、甘えん坊タイムでもあります。
IMG_3343_201309200807425b2.jpg

IMG_3350_2013092008074372c.jpg

こんな風に甘えたあとも、
以前は、もういいよ、って噛みついてきたことあったっけ。。^^;
今じゃ、そんなこと、ありえないです。

IMG_3447.jpg

IMG_3594_20130920081127764.jpg
コチョコチョする?
いいよ。^^

IMG_3595.jpg
この部分のカキカキがお気に入り。
しかもこうして足で挟んでね。^^

その後は、
こんな風にまった〜りしちゃったりします。
IMG_3227.jpg

IMG_3228.jpg

IMG_3561.jpg
この時は、こんなに車の往来のあるところなのに。

IMG_3604.jpg

IMG_3597.jpg

IMG_3598.jpg

IMG_2986.jpg
信号待ちのポジション。
この日陰、助かります。

IMG_3663.jpg
"おかーさん、ボール投げは3回までね!もう行くよー"
走るのは3回くらいで十分みたい。^^

こちらに来たばかりの時は、
公園の広い芝生に喜んだけど、今は全然走らない。
臭い嗅ぎをして、ブラブラたくさん歩くほうが好きみたい。
グルグルと猛ダッシュするのは興奮した時なので、
その興奮が無い、というのはとても良いことだと思う。

日本に広い芝生の公園は無いけれど、
全然問題無さそうです。

・・・問題は道の狭さだろうな。。
こちらの広い道路に慣れて、
対人距離は広がった気がする。。










スポンサーサイト

久々のフィン隊長

2013.08.19 19:31|SFbay 犬
最近、25℃以下だったのに、ここ数日蒸し暑くなってきたので、
今日は、Fort Funston National Park へ行ってきました。

いつもはヒエヒエのここも、
今日は長袖シャツ1枚でちょうど良いくらいでした。
平日なのに、ドッグウォーカー以外の人も多かった。
やっぱり犬を涼しい中で散歩させるとなると、ここにくるのかな?
天然クーラーエリア。。

駐車場で車から降りるところからフリー。
降りた途端に、地面をくんくんくんくんくんくん、、
と、どこかに行きそうなので、
こっちだよー!というと慌てて付いて来る。^^;

IMG_3133_20130820112434115.jpg
海が見えると、「海だ〜!」と言っているみたいに、
笑顔で振り返って、テンションがさらにup!!

IMG_3134_20130820112435ca7.jpg

しばしフリスビーで遊んだあとは、
ぼちぼち歩き。

と、キョロキョロ。

IMG_3144.jpg

IMG_3145.jpg

IMG_3139_20130820112442886.jpg
ここで初めて生きてるカニを見た。

IMG_3146.jpg

IMG_3147.jpg
こういうとこ、好きだよね、フィン。^^

造形を楽しむ。
IMG_3148_20130820113252070.jpg

IMG_3150.jpg

IMG_3151_2013082011325513a.jpg

IMG_3152.jpg
絵に描いたみたいに、白い羽と黒い羽が。

IMG_3153.jpg
埋もれてもなお美しく。。

IMG_3157.jpg
子持ち昆布みたいな感じ?^^;

IMG_3156.jpg
下に落ちている石はこうして地層から落ちてきたもの。。

IMG_3159.jpg
いい笑顔。^^
あんまり地面を見ていると、フィンが退屈する。^^;

IMG_3160.jpg
穏やかに揺れるしっぽの、白い小旗を眺めるのが好きだよ。

今日はウィペット系の犬の群れがはっちゃけていて、
ちょっと用心して、かなり避けて通ったのだけど、やっぱり、
ピューッと2頭がフィンに走り寄ってきた。
フィンはどうしよう!?と逃げ腰になっているのに、
速度を落とさず目の前に来たので、例のごとく、
Stop it!!と言ったら、やっぱりやめてくれた。ほ。。
(普段、住宅街でも小型犬チームが吠えながら飛び出してくることが時々あり、飼い主もいないので、Stop it!! と制すると、チームは不意をつかれたように家に慌てて帰ろうとする。)
そして、そのままドッグウォーカーに呼ばれて、
ピューっと帰ってくれました。ほ。。。

最初は遊びに来ただけだとしても、相手が怖がっている場合は、
そのまま追いつめるような行動をするからね。。

IMG_3162.jpg
新鮮、鮮やかな藻のみどり。

浜を歩くだけだと、1時間で1周してしまう。
それだといつもの散歩よりも短いので、
お互い物足りない感じ。。

駐車場へ戻る、砂階段を上がらずに、もう少し浜を先に進むと、
ドッグウォーカーの人が、何やら丘に入っていく。
どうやら道があるらしい。

ここからは、フィン隊長に任せて、
小道を行くことにした。

IMG_3165_201308201138560f3.jpg
「登れる?」
と言っているみたいに、
いつも上で待ってる。^^

IMG_3166_20130820113857a6f.jpg

IMG_3167.jpg
多肉の野原。

IMG_3170.jpg
おぉ。野生のラグラス!?
こんな砂地で育つのねぇ!

IMG_3174.jpg
分かれ道。

IMG_3178.jpg
フィンは上を歩く犬の群れを見ている。

IMG_3176.jpg
「おかーさん、遅いよー」

IMG_3179_2013082011453511d.jpg
「ちょっと待って。なんかきれいなんだよ」

IMG_3180.jpg
隊長、犬の群れを観察中。

IMG_3181.jpg
浜いちご。
とか言う名前が付いていそう。^^;

IMG_3183.jpg
隊長、気になる小道をぬかりなくチェック!
砂地でもマッハ!

IMG_3186.jpg
そしてかなり急な道を登らされて、こんな所に到着。。

IMG_3185_201308201148525f7.jpg
「登れる?」
「いや、もうそっちには登りません。。」
「二本足って不便だねぇ!」

IMG_3187.jpg

IMG_3192_2013082011531227a.jpg
走らずにはいられない!

IMG_3194.jpg
なぜ、そんな急斜面を登りたいのか。。^^;

IMG_3198.jpg
なんか造形物発見。

IMG_3199.jpg

IMG_3193.jpg
「フィンとアリゾナに行ってきました」
と言ったら、信じてもらえそう。。かな!?

IMG_3203.jpg
ここの見晴し台で休憩することにした。
私は1時間くらい座っていたかったけど、
隊長は10分でソワソワ。。^^;

IMG_3205_20130820115714b26.jpg
すごい風だけど、寒くはなく、とても気持ち良い場所でした。

IMG_3206.jpg
いい天気。いい景色。

IMG_3213.jpg

IMG_3214.jpg
白い花と枯れ草色、こういう色合いにグッとくる。

IMG_3216.jpg

IMG_3218.jpg

帰国までには、まだ来るつもりだけど、あと1回くらいかな。。
間際で何か事故が起きてもいけないし。
この贅沢なドッグパークには本当にお世話になった。
フィンをフリーにして、一緒に景色を楽しみながら歩くというのは、
ずっと遠くの夢だと思ってた。
フリーにすることで、フィンの本当の姿を見せてもらったよ。
本当に学びの場でした。




海にて。最近のフィン。

2013.07.27 18:37|SFbay 犬
先週のことですが、
そろそろシャンプーをしないといけなかったので、
海へ行ってきました。(どうせ洗うなら汚してから。。^^)
土曜の午後は車がいっぱいで、
いつもと違う、砂地のほうから入場。

IMG_2723.jpg
ヒャッホー!

IMG_2725_20130728104153.jpg
遠くに見える町がサンフランシスコの町。
この辺りは20℃ ないので、コート来ている人とかいます。。

IMG_2726.jpg
道の真ん中に立ってジッとこちらを見ている白い犬を怖がって、
この道には来たがらなかったんだけど、
木のあるほうを指差して、遠回りしていこう、と言ったら、
そだね!とニコニコついてきました。^^

IMG_2728.jpg
まるでロープ。。
海でこんなのに絡まれたら、
何者かに足を引っ張られた、って思うだろうな。。

IMG_2736.jpg
海にジャブジャブ入っているのは鳥猟犬系。。
波を追いかけているのは牧羊犬。。
お互い近くにいても、絡まず。
それぞれの道を楽しんでいました。

IMG_2737.jpg
でも昔みたいに、突っ走らなくなった気がする。
ほどほど走って、あとはぼちぼち歩くみたいな。。
年のせい?(笑)

IMG_2738_20130728105217.jpg
それにしてもこの寒々しい景色。。
夏はないですね。
暑さに弱い犬種も、ここに来れば存分に走れます。^^

IMG_2739.jpg
松ぼっくりの縁取りがきれい。
真上からだと菊の花みたい。

・・・

以前は、海へ来ると、かなりくたびれてくれて、
翌日の散歩が楽だったりしたけれど、
今回は何も変わりなく。。

他のことでも、
平常心になる割合が増えて来たように思います。

・・・私が旅行へ行く前の話ですが、
お散歩から帰って、ヤードにいた隣人と挨拶していたら、
横から、スッ!っと、隣人の大型犬が飛び出してきたことがありました。
その大きな黒い犬は、出て来ると同時に、
逃げ腰になったフィンに覆い被さってしまいました。。
キャンキャン!
もちろん、すぐに飼い主の隣人が大慌てで犬をどかしてくれたけど、
フィンにケガはなかったものの、ハーネスのところが少し濡れていたので、
軽く歯を当てたことは確かです。。

トラウマになっちゃうかなぁ、と心配したんですが、
そのすぐあとも、
「あぁ、怖かった〜」って、照れ笑いするような感じで、
私のところに戻ってきて、
その後、いつものように、
私が水やりをしている間、地面にばらまいたフードを探すというのも、
いつものように夢中になって探していたし。。
後日も、隣家の前を通る時も、
警戒したりビクビクするようなことは一度もありませんでした。
何事もなかったように日常を過ごしました。
(ちなみに隣人は心から謝ってくれました。)

フィンは、表面上は、今までと変わらず高感度で、
いちいち高反応で、心の振り子が大きく振れてしまうけれど、
芯の部分では、けっこう安定してきているのではないか、
と思ってみたり。。
キャンプの時もそうだけど、環境が変わっても落ち着いているとか。。
4歳になったことと、
4年のつきあいになることも、関係あるのかなぁ、
なんて、ちょっと良い方に考えてみたり。。(笑)

IMG_2771.jpg

IMG_2795.jpg

IMG_2796.jpg
「ブハー、いしベンチ、つめたくてきもちいー!」

ベンチに犬を乗せるのは、日本だとタブーな感じだけど、
土足で家に入る国では、
そんなこと気にしないでいいのが助かります。^^



car trip with dog

2013.06.13 16:21|SFbay 犬
IMG_1470_20130614081738.jpg
今回の小旅行は、片道4時間弱のドライブでした。
こういう夏枯れの景色の中を走ります。。

いつもはクレートに入れて乗車するフィンだけど、
いろいろ思うことあって、
時々試していたシートベルトで乗車コースにしてみました。

IMG_1446_20130614074058.jpg
「ヒャッホー!!キャンプーー!!」
キャンプの荷物を積み込み、いつもと違う事態に、目が爛々!^^;;

一応、言えば座るんだけどね。
IMG_1459.jpg

今回は前座席の間をガードするものを設置。
(もちろん、リードの長さで行けないわけだけど、繋ぐ前など、前に行きたがるので)
IMG_1455_20130614073758.jpg

フィンは窓が開いていても、顔を外に出そうとはしない。
鼻先で風の匂いをちょっと嗅いでおしまいです。
IMG_1453.jpg

でも、外は見ていたいようで、
まるでこどものように、後ろを見ていました。
時に、登り過ぎ・・・。
IMG_1475_20130614074716.jpg
え?ダメなの?

IMG_1488.jpg
よく、バランス崩れないよね・・・。

こんな景色を一緒に眺めていました。

IMG_1466.jpg

IMG_1469.jpg

牛、馬、ヤギ、羊、アルパカの牧場もあったけど、
ふ〜ん。って感じでした。

IMG_1490_20130614075335.jpg
ぼんやりすることはあっても、ほとんど起きていたかな。。

フィンの乗車問題は、まだ解決はしていなくて、
でも走っている時は平気なんです。

興奮するのは、
ドアを閉めた瞬間から、走りだした3分くらいの間。
それと、料金所などで知らない人の声がする時です。

なので、出たり入ったりするような時は、
クレートに入れちゃったほうが、本人も落ち着くのは早いです。

でも今回のように長い時間の場合は(もちろん、トイレ休憩ありますが)
こうして外を見られるほうが、状況がわかるせいか、
道路のバウンドで吠えるようなこともなかったです。
(こちらの高速道路はなめらかではないのです)

帰り道。

IMG_1857.jpg
さすがにお疲れちゃんです。
2日間、いつもと違う環境に、
ワクワクドキドキしていただろうからね。

IMG_1881.jpg
さすがに爆睡。。

IMG_1847.jpg
でもやはり外も見ていたいらしい。

IMG_1861.jpg
他の車に吠えることもなく。。

IMG_1845.jpg
「外、おもしろい?」
「うん!」

ずーっと前は、窓の外の動くものに興奮して吠えていたから、
クレートに入れてタオルをかけて、
外を見えなくすることで落ち着かせていたけれど、
今は外を眺め楽しむことが出来るんだね。

最後の休憩はここ。
風がすごかった〜。

IMG_1872.jpg

IMG_1877.jpg

IMG_1878.jpg

ということで、
ほとんど良い子でいてくれたけど、課題も直面。

最初の3分の改善、気合いを入れ直しましょう!
車には乗りたがるんですけどねぇ。
ドアの閉まるバン!という音で興奮のスイッチが入るので、
散歩後に、毎日さりげなく慣らしトレをしています。

まず、ドアは開いたままで、
入っても我を失わずにいること。
他のドアが開いても落ち着いたままでいること。

今はとりあえず、ここまでをやっています。
日々変化しているので、希望は感じられます。

次はドアの開閉、その次はエンジン、
と、コツコツやっていきます。

エルクの角

2013.06.07 13:23|SFbay 犬
ペットショップでエルクの角が売られている。
用途は犬の歯磨きおやつだ。

匂いも何もなく、軽石みたいだし、しかも高い。
興味持つのかなぁ?と思って、手を出さずにいたけど、
この間、誕生日だったので買ってみた。

IMG_1834_2.jpg
表面がかっこいいんだよね。。(私も欲しい。。)

内側も白かったけど、フィンがベロベロしたら茶色に(笑)
この随がおいしいみたいね。
IMG_1842_20130608060916.jpg

IMG_1790_20130608061100.jpg
夢中になって、ガジガジしていました。

IMG_1796_2.jpg

たまに、匂いを嗅いだり、舐めたり、眺めたりね、
楽しみ方のバリエーションがあります(笑)

IMG_1837.jpg

IMG_1794_2.jpg

IMG_1811.jpg

骨みたいに鋭角に割れたりせずに、
削る感じなので安心かな。

・・・

明日は2年ぶりのキャンプじゃよ!
2歳の頃とは違うかな〜?(笑)

4歳に。

2013.06.03 13:11|SFbay 犬
分かれ道、どっち行く?と聞いたら、
アッチ行く!というので、
付いて行ったら、休憩だった。。
(ベンチでオヤツを食べるというのが目的。。^^; )

IMG_1196_20130604054313.jpg
(腕にオヤツをのせられている所)

フィン、顔はアッチを向いているけど、
耳はめいっぱい後ろを向け、私の動向を探っています(笑)

IMG_1202.jpg

お散歩、一日一回なのだけど、長く行くので、
折り返し地点で休憩するというルールが出来ています。
もちろん、休憩は自分のためと、フィンのクールダウンです。

IMG_1244_20130604054315.jpg
(木陰で休憩中。木漏れ日がちょうどフィンの白い手を輝かせていました)

・・・

今日のフィン。

IMG_1330.jpg
フィンの前を、
キックボードを持ったり乗ったりしている少年が歩いています。
大嫌いなキックボード。でも反応は特になかった。
他にもキックボードは何度か会ったけど、興奮しなかった。

ちょっと慣れたのかな?
実は毎日夕方から日が沈む8時過ぎまで、隣家の少年が
家の前を行ったり来たりしているのです。。
しかも、うちの前に立ち止まったままでいるとか。。
フィンは郵便屋さん並みに敵視しているのだけど、
子供は犬が騒ぐのもおもしろいみたい。^^;
その度に調整に入らねばならず、
こちらとしては困った時間帯になるのだけど、
もしかすると、見慣れる、もしくは飽きる、という方向も
あるかもしれない。。
と思ったけれど、私との関係性の問題なのかな。

IMG_1331.jpg
テニスコートの日陰部分でキャッチボールを少々。

IMG_1338_20130604054328.jpg

フィンは、今日で4歳になりました。
ハリケーンのような1歳を乗り越え、
3歳の挑戦状も特になく(・・なかったよね?)、
ほっとした気持ちで4歳を迎えました。
もう立派な大人犬だね。
早いものだ。でもまだ、
これから10年は一緒にいられるかな!^^

週末、おとーさんがキャンプに行こうって言ってるよ!
二度目のキャンプ、実現できるかな〜?
それが誕生日プレゼントになりそうだね。



ゴールデンゲートパーク

2013.05.26 21:52|SFbay 犬
今日は、デ・ヤング美術館へ行ってきました。

オットは興味無いので、
平日にささっと行ってくるつもりだったのだけど、
フィンと散歩しているよ、とのこと。。

美術館はゴールデンゲートパークの中にあるので、
確かに散歩出来るところはたくさんあるのだけど、
ここはサンフランシスコの公園で人も非常に多い、、
フィン君、大丈夫だろうか。。
と思いつつ、全然平気!と言っているので、
任せて行ってきました。

IMG_1042_20130527132225.jpg
会期があと1週間だったせいか、
すごく混んでました。。
「真珠の耳飾りの少女」はやっぱり人がすごいので、
さらりと見た程度。
でも、レンブラントがどっさりあったので、そちらを楽しみました。
レンブラントは高校生の時に模写をしたので
ちょっと親しみがあるのです(笑)

でもこのオランダ絵画展以外にも、同じチケットで、
4つくらいの企画がありました。

コンテンポラリーとか、
ベン・シャーン、ホッパー、ロスコ、などなど。。
(途中から、やっぱり写真撮っていいんだ、と気づき、、
ちなみにオランダ展は撮影禁止でした)

IMG_1031.jpg
(ロバート・ラウシェンバーグ。なんで画像切れてるんだ、、)

IMG_1032_20130527132227.jpg
(リチャード・ディーベンコーン)

南米特集とか、
IMG_1034.jpg
(ペルーの中でも特に気になっている、ワリ文化の。)

それとなんだかよくわからないけど、
いろんなジャンルが細々と。。
オランダ展を観る前だったので、
気が気でないので端折ってしまいました。。

IMG_1036.jpg
(これはArts&Crafts運動のコーナー)

この美術館はテキスタイルの収蔵数が多いそうなので、
常設展のほうをゆっくりじっくり見てみたいです。

・・・

さて、合流です。^^

IMG_1040_20130527134530.jpg
睡蓮がよく咲いていました。

IMG_1041.jpg
晴れていたけれど、
すぐ上は雲ではなく霧がすごい早さで流れていました。
やはり寒いです。夏のサンフランシスコは。

IMG_1043.jpg

フィンはとってもイイコに歩いてくれていましたよ。

IMG_1047.jpg
(おとーさん。。はぐれちゃダメだよ。。)

IMG_1056_20130527134837.jpg
写真は苦手、の合図、鼻ペロリ。
小高い山のほうはやっぱり人が少ない。

IMG_1066.jpg
この木はどれもこんな風にグネリグネリとしていました。

IMG_1063.jpg

IMG_1052_20130527135348.jpg
カナダガンが寄ってきてビックリ。
餌付けされているんですね、、

IMG_1881m.jpg
楽しんでもらえたかな?

IMG_1070.jpg
なぜか、運転席に乗りたがる犬。。

IMG_1072_20130527134840.jpg
「おとーさん、ぼくもここがいい。。
もしくは助手席でも。。」

IMG_1883.jpg
私は見られなかったけど、
小さなバラ園もよく咲いていたそうです。

・・・

帰りは海沿いを走って帰りました。
強い日射しと、冷たい霧。

IMG_1076_20130527140025.jpg

IMG_1081_20130527140027.jpg
目の前で雲がぐるんぐるんと流れていく。
まるで高原にいるみたい。

IMG_1083.jpg
きれいだ。

IMG_1086_20130527140030.jpg

帰りは、気になっていた、
ハーフムーンベイのお魚屋さんへ。
お客さんもなかなか入っています。
お魚屋さんだけど、クラムチャウダーも売っているし、
苺も箱売りしていました。

どれもとてもおいしかったです!特にカキ。。
IMG_1093.jpg

この2ヶ月ほど、オットは猛烈な忙しさだったので、
久しぶりの休日を楽しみました。

FedEx vs Finn

2013.05.18 13:21|SFbay 犬
昨日、8車線道路の信号待ちをしていたら、
フィンが、ぴぴっとロックオンした。

顔を上げると、天敵のFedExが、
よりによって、こんなにたくさん。。^^;;

IMG_1762_20130519061942.jpg

イイコに道路渡れるか心配だったけど、
難なく渡ることが出来ました。(笑)
前を通る時は肩がいかってたけど、
さほど興奮もしていなかったし、通り過ぎたあとは、
振り返ることもなく隣を歩いていました。

敵がこれだけ多いと、却って諦めもつくのかしらん?
多勢に無勢?

IMG_1763.jpg
(今日のところは見逃してやろう。by フィン)

連れている人次第?

2013.05.13 13:54|SFbay 犬
今日は久しぶりに、
フィンは、大好きなルルちゃんと走りっこ出来ました。
珍しく、おじいちゃんが連れていたから。
おじいちゃんに会うのは数ヶ月ぶり。
体調を心配していたんだけど、
ただヴァケーションだったと、元気ハツラツでした。^^

そしてルルちゃん。
お孫さんの時の散歩とはまるで別犬です。
その時は、フレンドリーじゃないお孫さんと同じ波長。
「あなた誰ですか?私は遊びません」
と、キッパリ。

でもおじいちゃんの時は、
「キャー、フィンじゃ〜ん♪なに繋がっちゃってんのよぉ〜、私と走りなさいよぉ〜!」
と、もうキャピキャピのピョンピョンです!(笑)

おじいちゃんは、私たちを見つけたら手を振ってくれるし、
「ほら、フィンがいるよ!遊んでおいで」
と、ルルに言ってくれるんだよね。

・・・犬は、連れている人によって、
変わるのはよくあることだけど、
ここまで連れている人に合わせるものなんだね。。

だとしたら、
私もまだまだ改良の余地あり、ということなんだろうな。
なんて思ってしまいました。

IMG_1339.jpg

・・・

ここでは道を渡る時、
車が止まって歩行者を優先するのは当然のことになっている。

でもフィンは、
止まったはずの車が自分たちの背後で動き出すことが不審らしく、
譲ってくれた車に、警戒心むき出しで歩き、
動き出すとガウ!とかやることも。。(沈)

なので、たいがい歩道から離れておいたり、
「お先にどうぞ〜」と手で挨拶しちゃうのだけど、
今日は変えてみた。

横断中、警戒し始めたフィンに、
「いい人だったね〜♪」
と言ったら、アレ!?と一瞬で緊張がほぐれた。
「道を譲ってくれたんだよ、良かったね♪ いい人だったね♪」

そうしたら、その後、動き出した車をたいして見もせず、
前を向いて、ふん♪ふん〜♪と、ご機嫌のまま歩いていました。
2〜3度、この手を使ったけれど、良好でした。

(もし、「イイコだね」と勘違いして、褒められたと思ってご機嫌になるんだとしたら、こちらを見上げてぺろり、とするはずなんだよね。いいこ=おやつもらえるかも!?となって。それがなかったから、状況に対してこれはいい事と受け取ったと、、思う。今日のところは。笑)

・・・はっきりきっぱり指示したほうが明解な時と、
楽しい雰囲気にしちゃったほうが良い時があり。。
まったく、日々勉強ですね!(笑)

IMG_1694_20130514062326.jpg
(今朝のフィン。最近は一日一回、朝に長めの散歩に行く。今日は、もっと行く行く〜!とノリノリで歩いて、帰りにぐったりして私がゆっくり歩いてあげました。。私ももちろんヘトヘトに。。)

水色の小屋、菊桜、そしてサッカーボール。。

2013.04.25 13:36|SFbay 犬
今朝は一番近い公園ではこどもたちが何かしていたので
(公園は小学校の校庭も兼ねている)
2番目に近い公園へ。
ちょうど雲も多い天気だったし。
今は夏のような天気。日射しはもう強烈なのです。

IMG_1356_20130426060153.jpg
水色のは物置みたい。

IMG_1359.jpg
1週間で、もうだいぶ散ってきちゃった。

IMG_1360.jpg

IMG_1362.jpg
(ささ、行くよ〜。)

ぐるりと回って、いつもの公園へ戻ると、
子クジラ雲が。
IMG_1363.jpg

こどもたちももういなくなり、
サッカーボールがひとつ、ころりと。。

久しぶりに公園でサッカーするか!
と蹴り始めて、フィンも大盛り上がりになって、
キーパーのごとく、ボールを止めて遊んでいたのだけど、、
くわえちゃダメだよ、と言っていたのに、
そのうちくわえちゃって、
そうしたら犬歯が簡単に刺さっちゃって、
取れなくなっちゃって、、、、

本犬も焦っている。
地面にこすりつけてもダメ、
歯のところのボールを凹ませようとしても、ダメ、、
このまま家まで帰って、ボールを切れば、、と思っていたら、
地面にこすりつけているうちに、ポロ。。。
二人で目を合わせて、ほ〜〜〜〜っ。。。
フィン君、いい笑顔になってました。

あのアウトドア用の5cmくらいの
小さなナイフなどのセットとか欲しくなりました。^^;
持ち歩きたい。。
フィンは忘れた頃に、すごいドジなことするからね、、

いつも玄関を出る時に心で祈っているんです。
「今日も何事もありませんように」って。

いくら気をつけていても、
たまに変な人が大声で近づこうとしたり、
出会い頭で人が来ちゃうとか、
4方向からスケボーと自転車が来るとか、
フリーの犬が吠えながら近づいてくるとか、、
そういうことに会わないように。^^;

今日はフリーの犬が吠えながら出てきたけれど、
フィン君は冷静にクリア。
片側4車線の道路も普通に落ち着いて渡れたし、
(いつもテンションが上がって、早足になっちゃう)
いい具合だなぁ、と思ったら、
こんなこともあるとはネ。

IMG_1364.jpg
お疲れちゃん、ベイベ。


| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

アヤ

Author:アヤ
大きな木のもとで、
ロップイヤーのたんぽぽと、
ボーダーコリーのフィン、
2人と2匹で暮らしています。

たんぽぽ(ロップイヤー)2007/1/4 生まれ

フィン(ボーダーコリー)2009/6/3 生まれ

アズー(ブルーボタン) 2014/11/21生まれ

リンク

Flashカレンダー

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。